外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 26現在の記事:
  • 52122総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 26現在の記事:
  • 52122総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

収入の7割を投資に回す

Pocket

おはようございます。Toruです。

今までの人生のお金の使い方を振り返りながら、果たして今その頃に戻ったら同じ使い方をするだろうかと考えていました。

一番思い出深いのはBMW Z4を買った時ですね。当時は車も安く、500万円弱で購入できたのを覚えています。

友達もほとんど居なかったので毎週末に東京都心に出掛けては、オープンにして音楽を大音量にして銀座や秋葉原、六本木や池袋を走っていました(笑)。学生時代勉強ばかりしていたせいか、こういう偏差値低いことをやるのが楽しかったです。

カッコいい車には今でもワクワクしてしまいます。

一般的には無駄なお金の使い方と思われますが、お金に相当詳しくなった今でも特に当時のお金の使い方を後悔はしていません。若いうちの新鮮な経験や感動にはプライスレスな価値があります。

今でも着座姿勢の低い2シーターのコックピットに乗り込んでエンジンを掛けた時のワクワク感を覚えていますし、また人生が落ち着いてお金に余裕が出て来たら老後の楽しみとして残しておこうかなと思います。

人生にはそれぞれの年代やフェーズでステージがあります。当時は経験と自分自身の能力開発に全財産を投入をしていましたが、これからは経済的な余裕のために投資をしていきます。

収入の7割を投資に回す

投資をする準備は出来ていますでしょうか?以下の記事に私なりに投資をする前にすべきことをまとめてみましたので参考になれば幸いです。

私の収入は社会保険料や税金、ローン支払い後の手取りで以下になります。

給与収入:720万円

不動産・太陽光収入:160万円

株式配当・売買収入:40万円

節税・ポイント収入:40万円

総額で960万円になります。

この内で上記投資を始める前にやるべきことその①である生活費の最適化を行い現在の生活費は毎月18万円、年間で216万円となります。

収入-支出で744万円となりますが、多少の娯楽や予定外の費用が掛かりますのでそれを大きめに見積もって年間700万円が投資可能額となります。収入に占める投資額は73%となります。

年間700万円を生活レベルの向上に充てれば、都心一等地に住み(年間+264万円)、最上級の車を買い(年間+214万円)、年に二回のビジネスクラスでの海外旅行(+200万円)をしてもお釣りが来ます。

これを特に魅力的と思わないのは若い頃に色々な国と仕事をし、都心で好きなだけお金を使ったからだと考えています。借金をありったけして若いうちに楽しんだからこそ今は特にその欲求が無いのです。

話が少しそれましたが、この年間700万円の枠を全て投資に回すことで贅沢セミリタイア生活を10年以内に実現することが現在の最優先事項となっています。

投資額に占める投資先の割合

この700万円を以下の様に投資しています。

NISA口座での株式・ETF購入(家族3人分):320万円

特定口座での投資信託購入:60万円

不動産、太陽光発電所の繰り上げ返済:160万円

金プラチナ、個人年金保険、外貨購入:60万円

不動産投資資金の貯蓄:100万円

投資をすることで投資による収入が増えていきますので年々投資可能額が増えていきます。投資可能額の増加を簡単に計算しますと

株式、投資信託:4%ルールから380万円×0.04で15万円

繰り上げ返済:ローン計算表から12万円

安全資産である金プラチナ、個人年間、外貨購入、円預金からは収入は発生しません。つまり合計で年間で27万円投資資金が増えていくことになります。これを毎年再投資に充てることで複利効果により資産は加速的に増えていきます。

繰り上げ返済よりも株式に投資をした方が計算上は遥かに有利ですが、自己資本比率を3割以上に上げておきたいため暫くは繰り上げ返済に一部資金を投入していきます。

これを繰り返せば10年後に総資産3億円、純資産1億円も運用成果次第では射程圏内に入ってきます。子供が小さいうちは特に今の生活に不満も無いので、暫くはこの7割投資ペースを維持していきたいと思います。

お金を使うべき時と、投資にお金を充てるべき時があります

冷静に考えて、浪費にお金を使うことにどれほど意味があるかよく考えます。

若い頃は楽しかったです。お金を使うことで手に入る新鮮な経験には大きな価値がありました。あの頃の経験のおかげでお金の価値は若いうちほど高いということ、ビジネスというものがどのように顧客からお金を得ているのかをよく理解できました。

今は浪費をすることには全く価値を感じませんし、そんな時間があったら子供の教育や自分自身の知識を増やすために本を読んでいる方がお金も時間も有意義です。

そして蓄えた知識を活用してお金をどんどん投資に回し、私の代で何とか富裕層の仲間入りを果たすことを夢見ています。

子供にはお金の知識とビジネスの作り方をしっかり教え、それを代々受け継いでいって欲しいですね。

築いた資産は私の代で終わらせませんよ!

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。