外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 21現在の記事:
  • 60537総閲覧数:
  • 51今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 21現在の記事:
  • 60537総閲覧数:
  • 51今日の閲覧数:
太陽光発電所運営・自然共生事業

太陽光発電所の竹と悪戦苦闘した6月、7月

Pocket

発電所の竹って大変です。

伸びるの早いしそもそも大きくなるので日照遮るし・・・

本日は6月、7月と竹の対応に苦労したことと、これからの進め方を書いていきたいと思います。

太陽光発電所の竹と悪戦苦闘した6月、7月

隣地に竹が生えていて日当たりが今一つという理由で指値しまくって書いた太陽光発電所物件が「霞」です。かすみがうら市だから霞と名付けています。

見ての通り隣地の竹が伸びていますので、その発電量への減少影響を数値化して指値材料にしました。

収益性は今のところ文句なく、24円物件で手狭で草刈りも楽ですごく気に入っています。気に入っていますが・・・

竹がすごい伸びてくる!

衝撃でした。

6月に久しぶりに発電所に行ったときに伸びている竹が

竹の伐根をすると斜面が崩れてしまうため、伐根をしたのはパネル下敷地内だけでした。おかげで斜面は上の写真の有様。

一瞬冷や汗が出ました。

若い竹って切れるんです

やべっ、と思い草刈り機で伐採を試みたところわりと簡単に切れました。

なんていうか柔らかい筍を切っているような感覚です。

草刈り機だと斜面での伐採が難しくて危険なので、その後のこぎりを買いました。

のこぎりなら若い竹のみならず成長した固い竹も伐採できるので重宝しています。

この霞は敷地が狭いのでほとんど草刈り機無しでのこぎりでの竹伐採と鎌で手作業で草刈りが済んでいます。

小さなのこぎりで十分です。ばさばさ切れます。

発電所の竹を処理する際の注意点

竹の処理をする際の注意点を幾つか上げていきます。

・筍期は2週間に一回は切りに行く。

筍は伸びるのが早いので、私の場合は6月、7月は2週間に一回竹を切りに行きました。これ以上放置すると大きく茂ってしまい伐採が大変になってしまいます。

品種によって筍が伸びる時期が違うようですのでこの点は注意です。

・断面を斜めに切らない

斜めに切ってしまうと固くなった後に鋭くとがった先端に刺さって怪我してしまいます。特に私の場合は斜面にあるのでこの点は要注意です。

・腰の高さ程度の長さに切る

短く切ってしまうと竹に躓き転倒しやすくなりこれも危険です。腰の高さくらいあれば斜面でもつかんで移動できるので便利です。

せっかくの発電所の安定した収入ですので、安全に気を付けて末永く運営しましょう。

昨日行ってきましたが、もうほとんど筍は伸びてきていなかったです。

こういう泥臭い地道な作業を楽しめるたくましさを身に付けましょう

それにしても今回思ったのはこういう困難に面した時の逞しさみたいなものって経営者をやる上でとても大切だなということです。

事業を経営してお金を稼ぐのはとても効率が良いです。実際私のこの発電所経営もサラリーマンの時給と比較して3倍くらい時給が高いです。

その分課題に対しては自分自身で考えて乗り越える必要があります。

今回の竹問題も一瞬焦りましたが、慣れてしまうとなんてことはないです。竹を切る爽快感みたいなものすら感じています笑

こういう楽しんで物事を進める前向きな姿勢を大切にしていきたいですね!

最近は自然豊かな発電所にドライブに行くのが楽しみだったりします。草刈りは重労働ですが、肉体労働は気持ちが良いです。

雑草と同じで竹も植物ですので刈っているうちに少しずつ弱っていくはずです。色々調べてみるとどうも冬場に1mくらいの高さで竹を切ると弱って枯れていくみたいですね。冬になったら隣地の方と相談してみたいと思います。

それと折角の竹ですので、何か発電所の資材として有効活用できないか検討中です。(防草シートの代わりに敷き詰めるなど)

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。