外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,328万円、純資産5,736万円【金融資産2,419万円(日本円 420、株式/ETF/投信 1,267、暗号通貨 120、外貨 38、債券 /REIT/インフラファンド 82、保険/退職金 489)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,158、太陽光 1,776、金/プラチナ/銀 176、耐久財等 205)】、自己資本比率37.4%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 30現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 30現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

借金まみれの独身サラリーマンが家庭の安定を得て資産が増えていった話

Pocket

私はもう十年以上前から収入支出と資産総額をまとめて管理してきたのですが、過去の純資産総額の推移をグラフ化してみて面白いことに気付いたので書いていきたいと思います。

以下のグラフが私の純資産と金融資産総額の推移をまとめたものになります。

これって私的には結構貴重なデータです。独身時代は300万円ほどカードローンがありました。

2014年を境に一気にプラスに転じているのがお分かりいただけるかと思います。このタイミングで何があったかというと妻との結婚です。

独身時代は遊びまわっていた、というよりはお金を持っていても仕方が無いと考えて色々な経験にお金を使っていました。

貯金など無意味、会社の仕事が生き甲斐、働いていればどうせお金は入るということで目一杯使っていましたね。

下手に大企業に勤めていたため借金も無尽蔵に借りることが出来ました。ありったけのお金を遊びや勉強含めた自己投資に使っていた気がします。

それが結婚をして家の中の世界が自分の中心となり、お金をあまり外で使わなくなった結果資産が一気に増えていきました。

どういうことが起きていたかというと、独り身時代の週末は車で秋葉原や新宿に出掛けては一日中ぶらぶらとお金を使っていました。

それが結婚してからは近所の公園を二人で散歩するか家でゲームするかの生活になり、お金をほぼ使わなくなりました。

妻は特別美人でもお金持ちでも頭が良いわけでも一緒にいてワクワクするわけでもありません。その代わり飛び切り純粋でいつも私に対して真っ直ぐに向き合ってくれます。まるで澄んだ水や土や空気みたいな存在で、私自身の人生の不安を取り除いてくれました。

この辺りが浪費が一気に消えた理由だと思います。

途中で投資の失敗(仮想通貨、信用取引、FX)を経験し2018年は一度落ち込みましたが、その後確実に資産額は上昇しています。きっと今後も成功と失敗を繰り返しながら上昇を続けていくと思います。

富裕層は家庭が安定している。それをこれほどはっきりと証明している数値データが他にありますでしょうか?というよりも実体験からこれを証明していますね。

今後も家庭の幸せを一番大切にしながら、のびのびと経済的にも豊かになっていきたいと思います。幸せを与えてくれた妻に感謝です。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。