外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 53現在の記事:
  • 52122総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 53現在の記事:
  • 52122総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

今本当に必要な年収って幾らなのか?

Pocket

働いていてふと、自分にとって本当に必要な年収について考えていました。

別に今の仕事が楽しくないわけではありませんが、時間的拘束や常に掛かるプレッシャーを考えると理想的な状況とは言えないです。子供も小さいので出来るだけ親としての時間も確保したい。

既に年間300万円に迫る副業収入と1200万円ほどの金融資産が確保できていますので、例えば100万円ほど想定外の赤字が出たとしても10年は生活できます。

とはいえこれから子供に2400万円ほど学費が掛かることを考えると、基本的には副業収入は再投資に回しながら教育費や生活費を確保しつつこれを増やしていける水準で給料が欲しい。

必要生活費は現在月20万円、そこに各種税金等を加えて毎月30万円の収入を得ることが出来れば手持ちの資産や副業収入を使う必要が無くなります。それはつまり年間で純資産が副業収入の300万円分ほど増えていくことになります。

少し余裕を見て年収400万円も労働で稼げば十分に余裕ある暮らしが出来ますね。それに対して現在の年収はその2倍以上有り、果たしてここまで稼ぐ必要があるのか考えています。

もっと余裕のある負荷の少ない気楽な仕事をやりながら、副業やフリーランスでの仕事を増やして行った方がきっと人生トータルで良くなるはずです。

空いた時間は新規事業の立ち上げを検討したり、自然の中でウナギを採ったりキャンプしたりと家族の時間を満喫した方が良いのかな。

この世界には一生を掛けても味わいつくせない魅力があります。

今の仕事が一段落する4年後くらいにはこういった生活に移行していきたいですね。4年後の目標については先ずは以下の記事の目標を達成していきます。

運動を兼ねたUbereatsの配達、自然を相手にした商売とその情報発信、関心のあるアニメや芸術分野でのアルバイトや新規事業。そういった仕事が良いのかなと考えています。夫婦で適度に家事を分担しながら少しの仕事をしていけば問題無く暮らしていけるはずです。

思えば今までは人より良い大学、勤務先、年収。そういった相対比較での人生を生きていた様に思います。

これからは自分の価値感に基づいた生き方をしていきたい。強くそう思います。

それとは別の話で学歴や勤務先が時には有効に働きますので子供には少なくとも満足の行く教育を与え、自分の人生は最後は自分で決められるように育てていきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。