外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 81現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 81現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
株式・投資信託インデックスETF・株主優待

株式配当金という人生イージーモードへの追い風

Pocket

おはようございます。Toruです。

日々働きながら給料をもらい、淡々と株やETF、インデックスを購入しています。

これは日々配当金を生み出すお金を生る木を買っていることになります。

会社の外に収入があると本当に気楽に客観的に会社と接することができます。

それを追い風の様に感じている日々を気持ち良く生活しています。

株式配当金という人生イージーモードへの追い風

株を買うと、その会社で働いている私の様なサラリーマンが一生懸命創り出した会社の利益の一部を受け取る権利を得ることが出来ます。

例えば高配当株式ETFのVYMを買えば、税引き後3%程の分配金を受け取ることが出来ます。それはつまり10万円分ETFを購入すれば毎年3000円の配当金がもらえることを意味します。

金融商品なので景気によってETF自体の価格も配当金額も上下しますが、長期的には上がる可能性が非常に高いです。つまり配当金をもらいながら、且つ購入したお金の生る木であるETFの価格も上がっていくのです。

ボーナスで例えば60万円もらえたとして、年間2回分で120万円分購入すると分配金額は年間で36000円になります。

たかだか36000円と感じるかもしれませんが、基本的にはこれが一生続くことが期待できます。雨の日も風の日も変わらず、ある日ふとお財布を見ると毎月3000円入っているのです。

ちょっとした贅沢が楽しめる金額

ではこれを10年続けて、1200万円分購入したとします。そうすると毎年36万円、つまり毎月30000円お財布に入ってくるのです。

これを20年続けると毎月6万円です。しかも入ってきた分配金を使わずに株やETFを購入し続ければ複利でお金の生る木が更なるお金の生る木を生み出します。

少しずつ少しずつお金が増えて行って、気づいたら手に負えないスピードでお金が入ってくるのです。

金銭的な追い風が常に吹いている状態。それは始めは微風かもしれませんが、それでも確実な追い風です。そして年を追うごとに追い風が強くなり、立っているだけで前に進めるようになります。

お金の問題が軽くなるだけで人生はこんなにも気楽に感じられるものなんです。

+配当金という考え方

配当金だけで生活できるようになるためには多くの時間を要します。

生活費が30万円だとしても、配当金だけで生活するためには1億円の資金が必要です。

それでは「+配当金」で考えると如何でしょうか?いつものお給料+配当金、お小遣い+配当金、家賃収入+配当金などなど。

生活するだけで手いっぱいだった給料に、プラスして配当金が毎月3万円入って来れば相当楽になりますよね?

例えば1ランク上の住宅、1ランク上の車、1ランク上の学校。それらも毎月入ってくる3万円があれば無理なく手に入れることが出来ます。

最近娘が産まれて早速ジュニアNISAを申し込み、80万円ほど世界の株式やETFを購入しました。既に10ドル以上の分配金や配当金が入ってきています。

いつもの収入「+配当金」なのです。誰にも気兼ねなく使えるお金です。不動産収入の様に修繕費の積み立てを気にしないといけない様な収入ではありません。

このちょっとした「+」を、是非貴方の生活に取り入れましょう。

下手に高配当株に手を出す必要は無いです。1~2%の配当金でも十分に幸せ感を感じられますので、どうせなら好きな株に投資しましょう。

私も少しずつこつこつと株や投資信託、ETFを購入しながら確実に向上していく人生を楽しんでいます。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。