外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 40現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 40現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

副収入が生活費を超えるかチャレンジ!!

Pocket

本日ようやく車を手放しました。

愛車BMW 320d touring msport。

太陽光発電の荷物運びですらこなせてしまうイケメン優等生

良い車でしたが、今の目的を考えると私には多少オーバースペックな車です。

これで生活費が-4万円/月となり25万円/月ほどになりました。

これを機に真面目に生活費と現在副業でやっている太陽光や不動産の収入そして公的手当や各種節税による還付金等を足した副収入(サラリーマン以外の収入)と生活費を毎月比べていくことにしました!

さあどうなるか楽しみですね。これが継続して+となる (=副収入が生活費を上回る) のであればいよいよリタイアが見えてきます。

副収入が生活費を超えるかチャレンジ!!

ということで現時点月平均でおおよそ24万円ほどの副収入があります。

給料収入に頼らずにどれくらい生きて行けるかを確認していくのが本活動の趣旨です。

ここで評価指標の計算式を以下のように定義したいと思います。

評価指標 =  (太陽光収入+不動産収入+資産運用収入+その他副業収入  + 節税収入  + 公的手当 )  -  生活費

※太陽光、不動産収入は売電家賃収入からローン支払い、固定資産税や維持経費等全ての支出を引いたキャッシュフロー。繰り上げ返済は計算には含まない。

※生活費はあらゆる出費を計算に含める。

※節税、住宅ローン減税、ふるさと納税及び経費計上による還付金等は全て節税収入に含める。

※所得税住民税等の税金や年金や社会保険料は本評価指標に含まない。

つまりこれがプラスになるということは後は年金、社会保険料、税金分を払えば生活できることを意味します。

逆にマイナスが続くようであれば破綻します。マイナス総額がその時点の保有金融資産の1/3に到達した時点で終了とします。

年換算で3年以上プラスになれば晴れてリタイア生活への切符が手に入ることとします。

副収入と生活費の差分を今後数年間モニターしていきます。

ということで前述の計算式をこれから数年間はモニターしていきたいと思います。

場合によっては突発的な出費が発生したり、太陽光や不動産も収入が安定しないときもあると思います。

リタイアの長期的な安全性について短期的な評価を行い、課題があるようであればこれから改善していきます。

またこの様に評価をすることで自然と目標に向かって努力することが楽しくなってきます。

さてどの様な結果になるのか。とても参考になると思いますのでこれから定期的にお伝えしていきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。