外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 358現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 358現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

理想の年収は1世帯1600万円

Pocket

ついに2021年が明けてそろそろ本格始動をしていこうかと考えていますが、今一度理想の年収について考えています。

これから事業を拡大するにあたって目標とする規模については前回書きましたが、それに到達するまでは暫く事業を営みながらサラリーマンとして自身の人的資本を活用していかなくてはなりません。

ということで今回は理想の年収について書いていきたいと思います。

理想の年収は1世帯1600万円

以前に理想の生活をするための年収を1600万円としました。思い描く生活をするために必要となる出費を足し合わせるとこの様な結果になります。

逆に年収が増えても生活の幸福度はあまり変わらないことも意味します。

奇遇なことに一般的に一人当たりの幸福度が頭打ちになる年収は800万円らしいです。夫婦二人の世帯であれば1600万円ですね。

つまり1600万円という年収はこういった一般的な裏付けもある目標とするに根拠ある年収と言うことになります。

年収1600万円、つまり手取りでいうと1080万円ほどが目標になります。月間で90万円となる手取り額の用途内訳ですが、概ね以下の様になります。

住宅費:30万円

教育費:10万円

自動車費:10万円

食費等一般生活費:15万円

外食レジャー娯楽費用:10万円

貯金:15万円

これ以上を求めると金額は青天井となりますが、恐らく幸福度にあまり差が無い事は何となく肌感覚や書物の記述を見ると分かります。

私としては一生涯の年収をこの金額に維持することが金融上の最終目標となります。

これは必達目標であり、絶対に崩してはいけない目標として気を引き締めて臨んでいます。

今まで本当にたくさんの苦労をしましたが、この1600万円を金融上の必達ラインとしないと努力が報われません。

以下の記事で資本家としての目標数値を記事にしていますが、読み返すと正にこの値を達成することで私の上記の目標が達成できることとなります。

資本からの収入が手取りで1060万円、純資産4863万円(恐らく総資産は2億円程度で自己資本比率25%程度)、金融資産2312万円という数値を達成することで私としても努力に報いた精一杯の成果だと胸を張ることが出来るはずです。

理想からの乖離を改めて数値化してみます

ということで目標となる上記数値について現状と比較してみました。また乖離を埋めるためのアクションプランについても簡単に書いていきます。

理想現状乖離を埋めるためのアクションプラン
年収16001696給料込みの金額のためセミリタイアに合わせて資本収入を増やす。
年収手取り10801000総資産に対するキャッシュフロー利率が低いため、純資産総額を増やす。
月間住宅費30通わせたい学校や住みたい場所の近くに引っ越す。
月間教育費101.2子供の成長に合わせて私学に通わせる。
月間自動車費10収入が安定してきたら高級車に乗り換え。
月間生活費1510.8生活レベルに合わせる。
月間娯楽費10四季に合わせた旅行を計画。
月間貯金1555築いた年収1600万円の仕組みを維持するための再投資に回す。

特に年収については会社を辞めれば一気に下がってしまうため、株式や太陽光不動産新規物件への投資を行い資本収入を増やしながらセミリタイアの日に合わせて年収を調整していきます。

極端な話収入さえ維持できるのであれば貯金は不要なので、不動産や株式等の収入シミュレーションをしっかりと行い計画的に進めて行きたいと思います。

具体的には太陽光発電所売上200万円の物件を一つと新築不動産売上600万円のものを一つ、築古戸建てを一件購入することで達成できると考えています。

現在手持ちの金融資産を1500万円ほど使い、融資を活用して一機にこれらを購入すれば年収は会社の給料と合わせて2700万円となります。

但し収入に対する返済比率も高いので、実際の資本からの収入は500万円程度でしょう。キャッシュフローの調整のためやはり7~8年は給料のほとんどを繰り上げ返済に充てる日々が続くことになります。

好条件の融資さえ上手く融通出来たらアパート2棟でも良いかなと考えています。

これを残りの8年半のサラリーマン生活で達成していくことで長期的永続的に理想的な生活スタイルに移行していきます。

一日一日この理想に近づいていることを知っているので、毎日が過ぎ去ることが待ち遠しくて仕方がないです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。