とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 54現在の記事:
  • 297433総閲覧数:
  • 343今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 54現在の記事:
  • 297433総閲覧数:
  • 343今日の閲覧数:
ブログ動画、セルフメディア発信

本ブログでアクセスの多いネタ

Pocket

かれこれブログを始めて2年が経過しましたが、やはり記事のアクセスにばらつきがあるなというのは見て取れます。

本ブログの収益化性についてもそろそろ考えても良いかなと感じるようになっています。きままな雑記ブログなのであまり収益性は気にしていませんが、まあ勉強も兼ねてということで。

ということで今回は先ず本ブログでアクセスの多いネタについて書いていきたいと思います。

本ブログでアクセスの多いネタ

やはりお金やセミリタイアを主題にしたブログですので、近縁流行のFIRE/SIDEFIRE関連はアクセスが多いですね。

コロナ下でのStayhomeで改めてWork Life Balanceの大切さを感じ、仕事は仕事という感覚を皆様より強く感じるようになっているのだと思います。

資本主義の現実から考えると、会社の仕事というのは会社に言われた仕事をやっている、自分の名前は歴史には残らない。これが事実で決して自分が世界を動かしているわけではありません。

資本家と労働者は常に利益共存の関係の中で上手い距離感を作る必要があります。

私も本田宗一郎氏は尊敬していますしHondaという会社も大好きですが、別にその一族の名誉のために命を張る気はさらさらありません。やはりより待遇の良い会社で働いて自分自身の幸せや生き甲斐を追求するのが正解だったなと、転職をしてしみじみと感じています。

次に年収お金の話もアクセスが多いようです。

平均年収の話は皆様大好きですよね。私も好きでちょくちょく調べます。

かたや最近あまりお金を使わなくなったこともあり、本当に必要なお金を気兼ねなく使える年収は幾らくらいかなと考える様になりました。

その回答が年収1600万円、可処分所得で1080万円という結論に至っています。

これはお金をふんだんに使った場合の金額ですので、もちろん工夫や優先順位の調整で金額を落とすことが人生の質の低下には直結しません。

ただし教育費だけは削れないですね。必要だと思ったら迷わず使うべき分野です。

次に太陽光、不動産関連の記事もアクセスが多いです。不労所得の代表分野ですので皆様の関心も高いのだと思います。(実際はそこまで不労では無いのですが)

私も規模としてはまだまだ小さいですが、基礎生活費を賄うくらいは収入を得られるようになってきています。

まだまだ大きくしていきたい分野ですので、これからも素人事業者の経験値を文字に起こして共有していきたいと思います。

あとは恐らくGoogle検索エンジンの仕様なのだと思いますが、珍しい記事のアクセスは増えますね。

人間がお金を使って感じる喜びの時間変化について私なりに数値化してみた記事がありますが、あまりこういった記事は見かけないのでもしかすると希少性が高いのかもしれませんね。

全ての事象を数値化するのは難しいと思いますが、例え間違っていても先ずは一度数値化してしっかり予実管理評価を行い適切なフィードバックを入れるというのは全ての活動の基本です。

今まさにお金を使おうか、それともどうしようかなと迷った際の参考になれば幸いです。

ニーズのあるところに注力していきたいと思います。

ビジネスの基本は喜びの対価の一つとしてお金を受け取るということです。

誰かの役に立つことで感謝され、謝礼を受け取り、その中で自分自身もやりがい生き甲斐を感じる営みです。

私もたまに趣味のアニメゲームの話を書いたりしますが、このブログの存在目的の重要な部分は自分自身の経験を同じような志をお持ちの方の一つの参考としてお役に立てて頂くことです。

私も持って生まれた性格から本当に手あたり次第色々な投資に手を出してきましたし、その結果良くも悪くも多くの経験を得てきました。

これからも少しでも社会の幸せに役立つ情報を発信するべく、執筆をつづけて行きたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。