外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
株式・株主優待投資 金・プラチナ・宝石貴金属投資

投資戦略の変更:積立からスポット買いへの移行

Pocket

何事もそうですが、やはりお買い得な時に一気に買った方が儲かります。

バーゲンセールの時にがっつり仕込み、買い手数多の時に売るのが王道ですね。

ドルコスト平均での積み立て買い付けは確かに手間が掛からないメリットがあるのですが、私の様に日々趣味でチャートを眺めるのが好きな人間には向いていない戦略です。

ということで積み立て買い付けを最低限にしてキャッシュを貯めつつ虎視眈々とチャンスを狙う戦略に切り替えることにしました。

大体2~3か月に一回ニュースで暴落暴落騒ぎだすタイミングがあるのでそこで買いを入れ、後はまた待つ戦略です。

既に私としても十分な金額の資産高になりました。これを放っておけば老後資金には事欠かない金額になることが期待できますのであまり無理をして買う必要もありません。

勝てる時だけ打席に立つ、バフェット戦法です。

現在なんだかんだで毎月44万円を各種の投資商品に積み立てているのですが、それらを絞りに掛かります。

・楽天証券クレジットカード積み立て:毎月5万円 ⇒継続

・SBI証券投資信託積立:毎月12万円 ⇒今年度はストップ、来年から積立NISAで3万円

・金プラチナ積み立て:毎月4万円 ⇒毎月1万円に変更

・外貨積立:毎月4万円 ⇒ストップ

・仮想通貨積立:毎月6万円 ⇒ストップ

・事業貯蓄、生活費貯蓄:毎月10万円 ⇒現金貯蓄は継続

・WEALTH NAVI、楽ラップ:毎月2万円 ⇒継続

・個人年金保険:毎月1万円 ⇒継続

上記を行うことで積立金額を毎月12万円まで落とし、残りのお金は下落時のスポット買いに宛てます。

市場の成長に合わせた最低限の積み立ては残しつつ、現金ポジションを高めて好機をじっくり待ちます。

来年あたりに一度大きな調整がある気がするのでそこに備えて今は現金余力を増やしたいと思います。

とか言いながら時計とか買っちゃうかもしれません。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。