外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 3現在の記事:
  • 60571総閲覧数:
  • 85今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 3現在の記事:
  • 60571総閲覧数:
  • 85今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

資本家としての時給を計算してみた

Pocket

時間は有限だ。

その有限な時間の中で人生のアウトプットを最大化しなければならない。

サラリーマンの時給を計算してみると、年収1000万円に対して表面的には2000時間ほどの労働となる。

しかしながら仕事の外の時間で悶々と考えたり悩んだりの時間を入れると更に400時間は追加されてしまう。

実質的には1000万円/2400で4200円ほどだ。

対して私は事業と投資で年間300万円ほどの収入を得ていますが、それに対して投じている時間は以下の様になります。

・不動産事業:管理会社とごくごくたまに空室募集の条件連絡。不動産物件の現地調査やWEBSITEでの検索。月4時間×12で年間48時間。

・太陽光発電事業:除草は外部委託したため、年に2~3回の点検清掃。一回10時間として30時間。

・株式金融投資:毎日チャートチェック0.5時間×365日=182時間

・ブログ動画:毎日1記事0.5時間、動画編集年間10動画×2時間=200時間

・経理税務申告:毎月2時間×12=24時間

合計48+30+182+200+24=484時間となりました。時給換算で6200円となりました。既にサラリーマンの時給を越えています。

そして太陽光発電だけで言いますと毎年120万円ほどを30時間で生み出していますので、税務申告で10時間掛けるとしても時給は3万円となります。

まさに桁が違います。

事業を始めて5年ほどでこの数値なので、まだまだ改善の余地はあると考えています。

時間効率の向上のために

効率を高めるためには収入を上げるか時間を短くするかどちらかです。

特にブログや動画収入はまだまだ全然収益が出ていないのでこちらをテコ入れしていく必要がありますね。

ただ半分好きでやっている部分もありますので、必ずしも収益だけが大切な訳では無いのですが。

株式投資も同じでチャートを眺めたり気になる銘柄の価格を調べるのが好きなだけで実際は月に1回2時間も調べれば十分だと思います。そうすると全体の時給は一気に1万円近くなりますね。

今の私の実力は自給1万円くらいなのだと思います。

そうするとサラリーマンの4200円というのは非常に低く、ここからもサラリーマンを早期に卒業して次の資本家としてのステップに進む必要性を強く感じます。

時間だけは有限です。これだけは覆せません。

人生の有限な時間を最大限活用し、豊かな資本家を目指して行きたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。