外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 51459総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 51459総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
太陽光発電所運営・自然共生事業

太陽光発電所の売電状況

Pocket

久々の太陽光発電所の売電収入状況になります。

1月~7月の売電収入総額で1,818,400円になりました\(^ o ^)/

この調子だと今年は300万円ほどの売り上げが見込めそうです。嬉しい限りですね。

色々とお試しで投資を一巡りしましたが、その中でも太陽光は非常に優秀です。

ローンと経費支払後に大体毎月10万円くらいの収入が入ります。これがこれから13~14年続き、ローン完済後の5年間は毎月20万円ほどの収入になります。

このキャッシュフローは特に使う宛ても無いので、毎月2万円の修繕積立金を残して発電所一基の繰り上げ返済を早期に終わらせてしまい毎月のキャッシュフローを16万円まで上げる予定です。

ちょうど娘が小学校に上がる頃に完済となると思いますので、その後は学校の教育費に充てる予定です。

ただ感覚的には既に年金をもらい始めているような変な感じです。もちろん事業なのでそれなりの労力は掛かってはいるものの、まさに私にとってベーシックインカムになっています。

太陽光発電所は一時期非常に利益を出しやすい状況でした。もっと思い切って投資しておけば良かったと思うこともありますが投資って大体そういうものです。

逆に大きく張って失敗すると修復が難しいので、私はほどほどにリスクを評価しながら沢山のことに手を出して各分野から少しずつ収入を得る様にしています。株、不動産もしかりです。

これからも300万円を目安に様々な事業分野に投資を行い少しずつ事業収入や権利収入を増やして行きたいと思います。

それにしてもこういった一度施設を立ち上げれば後は施設自体が稼いでくれるビジネスは本当にあとが楽です。不動産も太陽光も既に値段が上がってしまい手を出しにくくなってしまったので、今はじっくりとまた必ず訪れる買い場を待ちたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。