外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,065万円、純資産5,750万円($405,859)【金融資産2,371万円(日本円 381、株式/ETF/投信 1,262、暗号通貨 115、外貨 11、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 506)+ 実物資産3,378万円(不動産 1,114、太陽光 1,770、金/プラチナ/銀 202、耐久財等 291)】、自己資本比率38.1%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 40現在の記事:
  • 87875総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 40現在の記事:
  • 87875総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

お金から解放されるマジックナンバー:生活費の25年分の金融資産か、自宅価格と同価格の金融資産を持つこと

Pocket

私はSIDE FIREを目指して日々黙々と資本への投資を行っています。

日々ふとお金のことを考えた時に、じゃあいつまでお金を増やし続けたら良いのか。恐らく蓄財を進める多くの方が直面する課題だと思います。

世間では4%ルールというとても明確な指標が知れ渡っていますよね。

生活費が年間400万円であれば1億円の金融資産があればお金には困らない(資産を生活費の分だけ取り崩しても資産が減らない)という経験的黄金律ですね。

子供と暮らしているとやはり思うのは、広い庭付きの戸建てが欲しいなということです。子供というのは元気で本当によく走り回ります。現在の2LDK 55平米の家はとても手狭です。

長い人生の中で家で過ごす時間の長さを考えると、家に楽しみとしてお金を使うのは良いことだとも思います。

例えば家に5000万円を使ったとします。新築であればそれなり、中古であればかなりの豪邸が購入できる金額です。

仮に1億円の金融資産から取り崩せば残りは5000万円となります。

5000万円からの期待収益は4%ルールから200万円ですが、これで住居費以外の生活費を払うことは十分に可能です。

・学費5万円

・自動車費3万円

・光熱費2万円

・通信費1万円

・生活雑貨2万円

・その他1万円

・年金社会保険料4万円

あとは家庭教師やパートをしながら10万円も月に稼げば更に旅行や外食などを楽しみつつ資産を増やして行くことも出来ます。

一般的な家族持ち家庭の場合、4%ルールを適用しつつ住みたい住宅を購入すると豊かで静かな幸せにありつけると思います。

欲しい住宅の2倍の金融資産を築く、つまり純資産の半分が自宅になると奥様も子供も含めた満足感の高く且つお金から解放された生活が手に入ると思います。

別に先に金融資産を目標額一杯まで築かなくても、住宅ローンと余力の投資を組み合わせてSIDE FIREを目標にするタイミングで達成を目指しても良いと思います。

私は現在純資産が3300万円ほどですので自宅価格としては1700万円くらいが妥当となりますが、実際現在住んでいる中古マンションがちょうどこのくらいの金額です。

この暮らしを続ける限りお金の悩みはこれから無いと思います。住宅ローンを一括で返済することも出来ますし、資本収入で住宅ローンや管理費等も払えてしまいます。

最近の悩みは綺麗で広い庭付き車2台駐車可能な快適な家に住みたいなという望みは消えることが無いことで、やはり純資産をもう6000万円くらい増やしたいなと感じます。

純資産1億円くらいが一般的な感覚でのお金持ちだと思いますが、結局それなりの生活をするためにはこのくらい必要ですね。

逆に家にはこだわらない、慎ましく暮らしても問題ないというのであればお金は2000~3000万円もあればSIDE FIREに十分と思います。

大きく綺麗な家はやはり憧れますねw

ちなみに車の価格については純資産の10%くらいが無理が無いなと感じています。1億円あればBMW 5シリーズやX5に乗っても維持費をそんなに負担に感じずに済むくらいでしょうかね。私はその点でも今乗っているHonda Freedは非常に快適です。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。