外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3378万円、純資産3337万円(うち金融資産2440万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入8万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3063万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+503万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 12現在の記事:
  • 54271総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 12現在の記事:
  • 54271総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

45歳からは人生を楽しみましょう。

Pocket

最近巷で噂の45歳定年説ですが、実は私も肌身で45歳辺りがサラリーマンの潮時だなというのは感じていました。

先輩方を見ていてもどう見てもこの年齢の辺りから仕事がしんどそうで、幸せとはほど遠い生活を送っていそうだなというのは感じ取ってしまっていました。

そこまでして会社に残ることに意味はあるのか?というのは生活するためのお金や他の稼ぎ口がある人の言葉で、大体その年代はこれから子供の教育費が最も掛かり若いうちにこさえた住宅ローンの返済に追われるくらいのステージにいらっしゃる方が多いと思います。

何とか会社にしがみつきローン教育費を先ずは払いたい。その後は会社でゆっくりと老後資産の準備をしていこう。こんなところでしょうか。

少し視野を広げれば転職して給料上げたり、好きな分野で働いたり、事業を興したりと可能性はまだまだあるんですけどね。

ただ私もサラリーマンをやっていますが、確かにサラリーマンには以下の大きなメリットがあります。

・住宅ローンなどの高額融資を受けやすい。クレジットカードの審査は落ちたことが無い。

・毎月一定額が給料として入る。将来資産額を簡単に予測できる。人生設計しやすい。

・会社のことについてだけ悩んでいれば良い。他のことは妻に任せる(笑)

私の場合はサラリーマンに加えて副業での事業経営と投資をしているので、普段休みの日も頭は常にエンジン回転数2000~3000rpmくらいで回っています。

物件の立ち上げ期や仕事の繁忙期などは7000~8000rpmまで上がりますし、土日の休日も旅行中も常に事業や投資、会社仕事のことを考えています。

あまり休んでいる感はないっす。

これを事業と投資に専念し、他人の会社ではなく自分の会社で仕事をする方向で45歳以降は仕事を人生の一部として楽しみたいと考えています。もちろん子供も巻き込んで早くからビジネスマインドの形成を行うつもりです。

45歳定年説をあまり悲観的に考えず、むしろサラリーマン卒業の好機と捉えて生きるのが良いかなと感じます。退職金割増制度も増強するべきです。

逆に言うと45歳までに経済的基盤を固めて会社の収入無しでも生きていける下地を作っておけると良いですね。別に45歳までと言わずとも、ご自身が良いと思うタイミングで良いと思います。

私はざっくり以下の目標を上げて資産形成に取り組んでいます。

・老後資産2000万円(4%ルールで考えると年金+で結構妥当な金額だと思います。)

・子供の教育費一生分3000万円

・生活費相当の資本収入毎月30万円

純資産5000万円ほどを期待利回り7.5%で運用出来れば十分だと考えています。これ以上は無理にお金を稼ぐ必要はありません。

ちなみに株式投資と融資を取り入れた不動産太陽光運営を組み合わせると7.5%は割と手堅い数字です。大体実績10%ほどは出ています。

太陽光、都心新築アパート、国内外株式を運用して生活費相当の資本収入を確保します。

あとは自身のビジネスを立ち上げるなり興味のある仕事をしながら、十分な社会的資本と自身が望むレベルの優雅で豪華な生活を目指して行きます。

振り返って思うのは、やはりお金は人生を決めてしまうくらい大切なものだなということです。決して軽んじず、お金を使う時はそれが将来の更なるお金を生み出すことに繋がるのか慎重に吟味するべきですね。

45歳はまだまだ体力もあり若く、且つそれまで一生懸命頑張って社会システム維持のために十分に働いたと言える年齢だと思います。

それ以降は自分自身の人生を楽しむために使っても誰も文句は言わないでしょう。ちょうど人生折り返しの年齢でもありますので、それ以降は楽しんで生きていきたいものです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。