外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 70854総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 70854総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

本当になりたかったもの、手に入れられなかったもの。挫折を知ることの素晴らしさ。

Pocket

誰にだって一度はあると思います。

挫折を味わったことが。

私の場合は、大学時代に憧れていたクラシック音楽の世界に入ったものの人間関係に馴染めず途中で辞めてしまったオーケストラ部。

これまた大学時代にイギリスへ語学留学するもこれまた馴染めず逃げる様に日本に帰ってしまったこと。

好きな女性にアプローチするも盛大にフラれたこと。

一時的出費に耐えられずお金を恋人や両親に借りてしまったこと。

会社で望んでいた出世ができず道半ばで高収入と好待遇につられて転職してしまったこと。

こうあるべき、こうありたいと願うほどに自分自身の実力を発揮しきれず最後までやり遂げられないのは若さゆえでしょう。

この挫折を味わった経験こそが最上の推進力となり得るのです。

もう失敗したくない、途中で諦めたくない。この思いが強いほどに次への行動力と最後までやり切る忍耐力粘り強さが爆発的に高まります。

そしてこの挫折や失敗の経験の多さこそが自分自身の行動力の証でもあります。

行動力は魂の力そのものです。

苦い経験から目を背けてはなりません。それこそが自分自身であり、それを苦く感じるということが自分自身の方向性をはっきりと示します。

そして味わった挫折が多いほど成功に近づきます。成功ってなんやねんという話ではありますが。

絶対に見返してやる。それで良いのです。成功者のほとんどは若年期に相当のコンプレックスを抱えていたと思います。

もし若返ることが出来たなら。それを考えた時にこうするだろうなと思うことがあるなら、それは今すぐにやりましょう。

今日がこれからの人生で一番若い日です。それだけは絶対の真理です。20年後に今の自分を振り返った時に、あの頃はまだ若かったなあと思うこと100%確定済みです。

うわあ、こうなっちゃったらとんでもないな~ひゃー恥ずかしいなあって思う様な挫折や失敗もまだまだ味わうべきですね(笑)

それは翻って20年後の自分の人生に跳ね返ります。やらなかった後悔こそは最悪の負債であることを認識するべきですね。

やれば駄目でもすっきりします。苦い経験も時間と共に段々と晴れやかでぽかぽかした思い出に変わります。

やって上手く行けばそれもまた人生残りの時間ずっと思い返しては楽しめる究極の資産になります。

振り返れば全ての失敗挫折が追い風となっていることに気付きます。

そして手に入れられなかったと思っていたものが、実はその挫折の時点で手に入っていたということを何となく感じ始めています。

当時は出来なかったことが今はかなりのレベルで出来るようになっています。

若い頃にもっと果敢にチャレンジしたら良かったなと本当に思います。

私の現在のチャレンジは起業です。これを考えると期待と不安で胸が一杯になります。フェラーリ乗り回すイケイケ経営者になれたらなんて思うとワクワクします(笑)

何から手を付けたら良いのか、考えているうちに日々一日過ぎて行ってしまう。焦り、自分がどこに辿り着きたいのかも見えない。もうこんなこと感じられる対象は他に無いと思います。

資産形成はもはや私にとって挑戦でもなんでもなく、計画に沿った将来の通過点でしかありません。行動しているだけで上手く行きますし、挫折も失敗もあり得ません。

それはそれで進めながら、まだまだ新しい世界を切り開いていきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。