外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57343総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57343総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

これから先、果たして金融資産を手放すことがあるのだろうか?

Pocket

2021年は金融資産が大きく増加した年でした。

まだまだ2~3年先と考えていたSIDE FIRE基準がもう手の届くところに迫っていて、何だかんだと年末には到達しているのではないかと。

かたや私自身特に今の生活に不満は無く、ここから大きく出費を増やすことも当面ないでしょうし、なんなんでしょね。

株価が上がり続けても特に売ろうとも思いませんし、下がれば下がったで嬉々として買い向かうと思うんですよね。

放っておけば増配で配当金は増えていきますし、配当金を出さない再投資タイプの銘柄はそれ以上に上昇していきます。

そういう意味では勝手に自動利確して現金を提供してくれる配当金投資は心地良く付き合えるという意味では最良の選択かもしれませんね。

ということで上がればホールドし続け、下がれば買い増しとなり保有銘柄及び株数はこれから増え続けることになりそうです。

こうして世の中に富豪が次々と生まれて来るんだなと何とも納得。

基本的には心地良い範囲で働くことは続けるつもりですので、そうすると生活費でお金を使うことも無いんですよね(笑)

ただ一つ心地良いのは、やはり資産が多少なりともあると思うと何があっても何とかなると変に日常にストレスを感じなくなりました。

例え会社を退職することになっても、まあ縁が無かったんだな次いこ次となります。どうせしばらく暮らすのに困らないし。

資本は使い捨てるものではなく、一生を支えてくれるもの。頼もしい相棒としてこれからも手放すことなく大切に付き合っていきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。