外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

消耗品にはお金を掛けない、でも思い出や資本にはお金を掛けても良い!

Pocket

先週末小田原まで足を延ばして来ました。

小田原良いですよね。不動産価格も手頃で都心からも近いので不動産投資先としても魅力的だと感じています。

都心みたいに単身向け新築アパート投資は難しそうですが、ファミリー向けの戸建て投資先としては魅力的だなと感じています。

東京都心に近くて且つ海や山に近く少し足を延ばせば箱根や伊豆等の旅行先も近い。おまけに新幹線も通っていて交通の便も良い。

私自身も小田原を居住先候補としてちょくちょく調査に行ったりしています。

前置きが長くなりましたが、お金の使い方としてやはり正解に近いのは

・消耗品にはお金を出来るだけ節約

・思い出には盛大に使う

こうなのかなと感じています。小田原のさじるし食堂さんに食事に行ってきましたが、家族三人4000円ほどでお腹いっぱい美味しいご飯が食べられました。

お刺身とおしつけの煮つけ、追加でアジフライを頼みました。特にアジフライはフワフワで最高!

外食は楽しいですね。子供の頃を思い出すと両親と出掛けた外食のことはいつまでも覚えていますが、同じように子供にも楽しい思い出として一生残るのだろうなと思います。

対して消耗品にはお金を節約するべきだと感じています。

もちろん日々の生活に使うものですので快適性は重視したいところですが、かたや少しでも安く購入するために工夫はするべきです。

中古の物もを購入したり、セールの時に買うなどなど。状態の良いものは中古でも十分に満足できます(どうせ傷ついたり汚れたりしますので)。

そして浮いたお金は米国株等少額で購入できるものに充てればそれはほぼ永続的に配当金などの富をもたらしてくれます。

どうせお金を使うなら一生を豊かにしてくれる思い出や資本にお金を使いたいものですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。