外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

これからは資産を上手く使いながら、でも減らさずにバランス良く

Pocket

資産形成において一つのゴールは、これから先掛かるであろう費用を全て支払える金額に到達することだと思います。

つまり生きている中で特に突飛な出費を行わなければお金が尽きることが無い状態です。

それでも人生はいつ何が起こるかは分からず、減っていってしまうというのはあまり心地良い状態ではありませんよね。

ですのでこれからの費用を支払う目途が立ったその次の目標は、それを上手く使いながら減らさないようにしていくことだと結論します。

現在の純資産が3500万円ほどありますが、この金額が今年年内の労働により4000万円まで到達したとします。

来年は育児休暇のため4月までは無収入となりますが、その代わりに自由な時間が大幅に増えます。

ここで一つ実験として生活費を支払いつつ上手く資産額が減らないように工夫しようと考えています。生活費は掛かってきますので支出はありますが、資本からの収入も同額程度で入ってくるため基本的には減らないはずです。

そして人生の中での貴重な経験にしっかりお金も使いたいと考えています。

今回は育児休暇を利用したお試しSIDE FIRE期間位置付けているため、生活費はそこまで急上昇はさせず浪費もほどほどにしていきます。そして掛かった費用を少し上回ることを目標に収入を構築していきます。

サラリーマンの収入に頼らずに4000万円が少しでも増えていることを先ずは目指して行きます。

新たな試みにワクワクしてしまいますね。

リスクはもちろんありますが、それ以上に得られる経験をしっかりと味わい充実した人生の1ページを記していきますよ!

それでは本日もありがとうございました。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。