とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 312864総閲覧数:
  • 235今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 312864総閲覧数:
  • 235今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

幸せになるための経済的目標

Pocket

お金があるだけでは人生は決して豊かとは言えない。

お金を使わないで生きていける環境こそが幸せの土台。

それでもお金はある程度は必要。

色々な識者や身の回りの人たちの動向を分析しているとこういった資本主義社会の実態が浮かび上がってきます。

思えば今まで一番人生が楽しいと思ったのはお金を必要としていない高校生時代でした。

学校に行けば友達と一日中笑い合い、受験勉強という共通の目標もあり、生活や遊びのためのお金くらいは困らない。

この時期は欲しいものと言えばせいぜいゲームソフトや関連グッズくらいで、外食もみんなでファミレスや定食屋で食べるくらいなのでお金はほとんど掛からなかったことを覚えています。

恐らくここに近いところにいるのが経済的にも環境的にも成功されている方々の心理状態なのだと思います。

彼らはお金を使うこと自体を楽しんでいるようには見えません。

もちろんかなりの金額を使って生活をしているとは思いますが、それはあるから使っているのであって少なくともお金を使う楽しみを目的とはしていない。

やりたいことにお金が掛かるのであればお金を使えば良い。そのくらいにしか考えていないはずです。

私も実際お金を持ち始めても、お金を使って楽しみを買いたいと思うことは非常に稀です。

「子供が家で走り回って手狭だから少し広い家に住みたいな。」「庭でガーデニングを楽しみたいから家を買うなら庭付きが良い。」

その実現にお金が必要であれば使いますし、安く買えるならそれを選択します。無駄にお金を使うのはむしろ苦痛を感じますし、逆にお値打ちで購入できると非常に嬉しくなります。

とは言っても生活にはお金が必要です。ちょっとした外食や旅行等に行ける余裕はやっぱり欲しい。

実際高校時代も家は普通に暮らせるくらいの経済状況ではありましたし、私立高校の高い学費も払えていた以上はそれなりに暮らせる経済力が必須であることは明白です。

ではどこまでお金を増やせば良いのか。

前述の理由から私は少し裕福なレベル、つまり準富裕層と言える純資産5000万円くらいだと結論しています。もう少し細かく言いますと、私が資本家基準として引用した純資産4863万円と年収1060万円。ここまではお金を増やすことが必須と考えています。

そしてお金を使ってみたいなという幻想を持っていても精神的に健全とも言えませんので、以下の様な買い物が出来るくらいの経済力を一時的にでも作っていこうと考えています。

高級車:フェラーリ、ロールスロイス

高級マンション:メジャーセブンの都心物件

高級時計:パティックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシェロンコンスタンタン、ロレックス等

豪華クルーザー:よくわからない(笑)

人生の中でやり残したことが無いようにしたいと常々考えています。 その中の一つが超高級品の購入になります。折角資本主義の世界に生きているのだからその頂点たる商品を一度は手にしてみたい。

全て合わせて2億円ほど必要なのはあれですが(笑)。しかしながらこれらは買っても結局最後は手放すことになると思いますので、実際に出口で考えた時に必要なお金はこの半分~三分の一程度と思います。

幸せに暮らすための経済目標は個々人で違うはずです。

既に豊かな人間関係に恵まれ、お金を使わずともその生活を維持できる。そんな幸せな方はお金は健康を維持するための金額くらいあれば十分と思います。

逆にお金しか頼れるものが無い、というのであればお金は際限なく必要になります。この場合はお金以外の資産と言える人間関係や趣味生き甲斐を見つけ出すことが大切になって来ます。

本日は幸せな人生のための経済目標について書いてみました。是非皆様も一度、ご自身がどのくらいお金があれば幸せに暮らしていけるかを考えてみてくださいな。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。