外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 75429総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 75429総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
お気に入りの車・家電・日用品・書籍レビュー! 資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

「幸福の資本論」の基準で自己を評価してみた

Pocket

いざ育児休暇で会社の仕事が無くなると何とも不思議な感覚になります。

自由で良いし会社に戻りたいとも思わない。でも会社にいるのも悪くもないものだな・・・

それは会社にいると人とのつながりがある、しんどい仕事をこなせば給料も入る、それなりの活躍の場もある、といった人生で大切なものが一通りそろっていることが理由と考えられます。

そして橘玲氏著の「幸福の資本論」に書かれていることが高水準とは言えないものの会社には揃っていると考えるとより理解できます。良く出来た会社というのはこれらが全て従業員目線で高水準であり、且つ株主を納得させる利益も生み出しているところなのでしょうね。

幸福の資本論では3つの資本が描かれていました。

・金融資産

・人的資本

・社会的資本

金融資産は文字通りの一般的にイメージする資産、自らの労働を市場に提供することで対価を得られる人的資本、そして社会的つながりを意味する社会資本です。

幸福の資本論は非常に学びの多い書籍ですので、今回の記事が面白いと思ったら是非ともお手に取って読んでみてください。


本日はそれら3つの資本の現在の自己評価をしてみたいと思います。

現在の金融資産、人的資本、社会資本を自己評価

それでは先ずは金融資産からですね。

現在の金融資産は2,673万円です。不動産や太陽光発電所、車や自宅等の現物資産を入れると3,562万円となります。

こちらについては目標は純資産4,863万円、金融資産は2,312万円としています。これは以前にご紹介した資本家の基準から来ています。

あと純資産を1,301万円増やせば目標達成となります。

合わせて年収目標の1060万円ですが、こちらについては運用資本からの収入とサラリーマンの給料収入を合わせると既に上回っています。

これは人的資本の評価とも関係してきます。

現在勤める会社からの給料が年間900万円前後です。資本収入と合わせると金額的には十分ですがまだ課題はあります。

会社で不自由な思いや納得のいかない仕事をしながら働くのではなく、会社でも事業を興してでも良いので収入を得つつ自身が大きなやりがいや達成感満足感を味わえるように働くことが必要だと考えています。

ほぼ不労となる資本からの収入と生き甲斐を持って臨める自身の人的資本で年収1,060万円。ここに到達するのが目標となって来ます。

現在既に不動産、太陽光、及び金融資産の運用でキャッシュフローで360万円ほどの収入がありますので。残りの700万円を事業からの収入と資本運用からの収入で達成したいと思います。

そして最後の社会資本ですが、これは親友と呼べるような友達も必要ですがどちらかというと住んでいる地域とのつながりや小さなコミュニティの中の居場所などがより社会資本と呼べるものに近いと考えています。

こちらについては趣味の音楽を通して楽団に所属したり、釣り仲間を作ったり、営んでいる事業での仲間づくり、そして地域のイベントに参加するなどしながら増やしていきたいと思います。

まだまだ目標に到達しているとは言えませんので、そこに割り当てる余裕を意識的に作り気長に進めていきます。

金融資産だけでは豊かな人生は手に入らない

ということで今回は幸福の資本論における3つの資本、金融資産、人的資本、社会資本の観点から現在の資本状況を評価してみました。

まだまだこれからですね。

特に人的資本と社会資本についてはこれから事業を立ち上げつつ、お金を稼ぐことと社会とのつながりを温めることを上手くリンクさせていきたいと考えています。

やはりお金だけでは豊かな人生を築くことは出来ません。幸福な人生を実現すべく、地道に行動に起こしていきたいと思います。

幸福の資本論はとてもお勧めできる書籍です。人生の幸せって何だろうなと考えられている方は是非読んでみてください。


それでは本日もお読み頂きありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。