外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 18現在の記事:
  • 60572総閲覧数:
  • 86今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 18現在の記事:
  • 60572総閲覧数:
  • 86今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

サラリーマンを続けるメリットと辞めるメリット

Pocket

育児休暇に入り会社の無い日々を子供と色々出かけていると本当に幸せです。

混雑を避けて行きたかった場所に行ったり、朝の思い付きで好きなことをするのは何とも至福。帰ってきたら子供とお風呂に入って、パパが大好きなことを全力で表現する曇りなき眩しい笑顔を受け止める。控え目に言って最高です(笑)

そして有り余る時間を事業の書類や帳簿を整理したり事業のキャッシュフローをどうしたら良く出来るかはたまた次はどんな事業を立ち上げるか考えたりと、何というか当たり前ですが自分のために時間を使っていられていると感じます。

ただどうしても頭をよぎるのは、もし会社で働いていたらこのくらいのお金が手に入ったなということや、仕事をしているという社会的体裁は立たないなということです。

特に後者についてはやはり一流企業に勤めるサラリーマンというブランドはそうそう崩れるものではなく、脱社畜全盛のこの時代においても世間の評判や銀行の融資評価等において輝かしいものがあります。

ですのでサラリーマンを辞めるのであればそれ以上に輝かしいものを手にする覚悟が必要と考えています。私はそれが経営者・事業家・資本家の道であり、サラリーマンの年収を遥かに凌駕する事業収益を実現してこそより人生が輝くのです。

旅行やら遊びやらを自由に楽しみながら、仕事も最高の成果を求めたら良いのです。心配せずとも暫くすると遊んでるだけでは物足りなくなってきます。

サラリーマンが得意な方はわざわざサラリーマンを辞める必要は無いと思いますね。いやいやでも周りに合わせて適当に仕事をいなしているだけで問題無く給料が入ってくるというのはある意味非常に賢いポジショニングと言えるのかもしれません。

つまりサラリーマンを続けるメリットというのは

・安定した給料

・社会的体裁

この2点。

対してサラリーマンを辞めるメリットというのは

・人生を自由に時間配分し好きなことが出来る。

・自身の事業のやり方次第では収入が青天井。

ここに尽きますね。

特に金銭面、体裁面でサラリーマンを超えることを目指すのが健全であり且つ楽しいアフターサラリーマンライフと出来るはずです。

サラリーマンを辞めたら暫くは自由気ままにやりたいことをやれば良いです。私も暫くは子供と遊んだり歳を取ってきた両親や祖父母との時間、暫く止めていたボート釣り活動などの趣味を最優先に過ごすつもりです。

そして一区切りついたら青天井な収入を目指していきます。私もそれなりに苦労して今までやってきたので、何というかこのまま隠居して子供とぬくぬく過ごすのはもったいないですし恐らく無理です。

数年はサラリーマンを続けながら無理なく信用力を使って不動産を拡大していくか、時間の融通が利きそうな職場に転職して働きながら事業を育てていくか。はたまた全財産を投じて東京都心でビジネスを始めるか。その時に最適な道を選んで進んでいきたいと思います。

「選ぶんじゃねえ、もう選んだんだよ」

某テ〇ルズオブ〇ェスペリアの主人公のセリフですが、まさにある程度の事業を立ち上げ今は育児休暇という道を選択している私はもう既に自分の人生の方向性をはっきりと見定め、それに向けて踏み出しているのです。

日々最善を尽くし、この道を花開かせていくのみです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。