外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,322万円、純資産5,792万円($400,815)【金融資産2,457万円(日本円 398、株式/ETF/投信 1,326、暗号通貨 99、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 497)+ 実物資産3,338万円(不動産 1,164、太陽光 1,773、金/プラチナ/銀 190、耐久財等 209)】、自己資本比率37.8%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

「買う喜び」をどこまで求めるのか

Pocket

最近努めてお金を使う様にしています。

元気健康で働けるなら自分の手元に置くべき資産は金融資産や収益資産含め3000万円で良いという結論が出ている以上、それ以上は積極的に使って社会にお金と言う血液を回していくべきです。

私は働かないFIREは目指していませんし、収入に拘り過ぎない働きながらのSIDE FIREを健康寿命まで続けるつもりなのでそういう意味でもお金は上手く使っていきたい。

知識や技術経験への投資は正直お金が全く掛からないので(人と話したりブックオフで本買ってあとは気合でほとんど身に着けられる)、そうすると好きな分野への事業投資や嗜好品の購買に使うこととなります。

でもどこまで使おうかな・・・

ぜいたく品での買う喜びを満喫する

いざ贅沢をしようとすると結構難しいものです。

色々とお酒を飲んでみるのですが結局いつも「金麦」に落ち着きます。金麦最強。

ステーキを食べようと思いPeter Lugarに行こうかなと思ったりしますが値段を見ると5万円くらいですね。ロピアで牛肉買って食べた方が安くて手軽じゃね?となります。

アメックスのプラチナカードを契約すればかなりのサービスを受けることが出来ます。まあ大した金額では無いので一回こういうのは使ってみるのも良い経験となるかもしれませんね。

高級ブランドの服とか高級時計とか、身に付けているとむしろ馬鹿っぽく見えるのは私だけ?いや本人の趣味なので私がどうこう言うものでもありませんが。私だって外車大好きですし。

経験のため一回Rolexとか買って見ようかなとも思います。案外ハマったりして。でもどう見ても国産時計の方がカッコいいんですよね。綺麗な身なりでCitizenとか付けていると明らかに知性的。

車は理想は2台、1台は国産日常車で1台は趣味の車。高級趣味外車は所有したことはあるので新しい経験にはならず、まあ事業で一発当てたら買おうかなくらいのものですかね。

家も確かに都心高級マンションに住んでみたいなとは思うものの、たぶん1~2年で飽きて今の格安便利中古マンションに戻りたくなるだろうなと思うわけです。毎月6万円か、毎月30万円かの価格差を見てしまうとどう考えても合理的な選択では無い。

中古マンションを買って水周りだけリフォームすれば新築と変わりません。圧倒的に安上がり。

教育は青天井ですが、本当に教育費を掛ける必要があるのかは疑問です。勉強にお金は掛かりませんし、掛けるとしたら教育のための環境(勉強好きの多い人が集まる場所、外国語を日常的に話す場等)にどれだけ掛けるかですね。

そういう意味で今は文京区に居を構える世界線をイメージしているわけです。子供が独立したら田舎に引っ越してのんびり農業生活です。今のうちに候補地は探しておきます。

家電にお金を使うのはコスパが良いですね。高性能のパソコンや綺麗な大画面テレビ、高級トースターや炊飯器、ホームベーカリーなど。生活が目に見えて豊かになります。高級トースターでパン焼くと驚くほど美味しく焼けます。


経験にどこまでお金を使うか?

楽しい経験というのは人生の財産の一つです。

経験の楽しさはお金ではなく努力や積極性で得られることの方が圧倒的に多いですが、お金を払うことでしか得られない経験もあるわけです。

クルーズ船に乗って世界旅行とか、高級店でおもてなしを受けたり、絵になる高級車に乗ったり。

ただそこは掴めばすぐに天井が見える世界でもあると思います。それは結局高級料理よりも大衆食の方が美味しいことからもうかがい知れます。車も高級車よりも国産ミニバンの方が圧倒的に使いやすい。

そうするとお金は結局は広義の投資に使われることになりますね。事業設備投資や株式投資、不動産投資などなど。もちろん教育も投資です。

最近は努力の甲斐もあり資本家的な収入を得られるようになってきましたが、それも割と権利関係でごたごたがあったり管理責任があったりして手放しで得られる利益ではなく結局は労働が発生します。案外お金があっても人生の豊かさにはそんなに差が無いのだろうなと思います。

やっぱり最後は誰かのために誰かと一緒に働くのが一番幸せなのでしょうね。

ただこういったお金を使うことに対する好奇心は若いうちに満たしておいた方が良いです。私も経験のためと思い暫くは積極的に使っていきたいと思います。

そこで満足すれば今度こそお金は全て資本家活動のために使うことになり、軌道修正を終えた真っ直ぐな道となることでしょう。

ということで暫くは全力で稼ぎ、全力で使い、全力で投資していきます!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。