外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 15現在の記事:
  • 75374総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 15現在の記事:
  • 75374総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

エンターテインメントは人生を特別にする

Pocket

久しぶりにトップガンを見ました。初代の方です。

初めて見たのは大学生か社会人なりたての頃だったと思いますが、あの頃に感じていたワクワクドキドキ感を思い出しました。

今は社会の仕組みが割とミクロに見えていてあまりこういった感情を感じることは少ないので嬉しいですね。

エンターテインメントって生きるために必要不可欠では無いのでしょうが、それでも人生を特別なものにするためには間違いなく必要。多くの人々の希望の光となっています。

楽しいだけでは無く、トム・クルーズ主演の映画を見ているだけでまるでマーヴェリックがこの世に実在するかの様な不思議な感覚を抱きますし、この感覚は間違いなくこれからのメタバース世界とリンクします。

そして何よりそれが現実世界に存在すること、ノースロップ・グラマン社が開発したF14や劇中でミグとして登場する機体が世界に実在するということも大切です。

もしかするとディズニー社も、ロッキード・マーチン社もその社会的存在意義は世界の均衡を保ち世界の可能性を広げ人生を特別なものにするという点でとても似ているのなのかもしれませんね。

投資先はいつだって世界が楽しくなるものとしていきたいものですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。