外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

SIDE FIREが完全に射程圏内に入った2022年

Pocket

年末の保有資本状況は総資産で1億5000万円、純資産は大体5800万円で自己資本比率も40%に間もなく届きそうです。そして運用益はキャッシュフローで大体350万円ほどとなりそうです。CF運用利回りで6%ほどですね。

これは私が目標にしている7.5%からは大分乖離していますが、今年は暗号通貨の利確をしたにも関わらずアパートの立て続けの退去なり株価の下落なりがあって正直不調でした。まあこういう年もあるのは仕方ないですね。

まあそもそも年初時点では純資産5000万円であったことから考えれば凡そ目標達成ではあります。

そしてそれでも日々の生活費は十分に賄えています。自動車ローンも無くなり生活費は

・住宅ローン支払い+管理費修繕積立金+固定資産税 ⇒毎月9万円

・駐車場代+車検+保険+燃料代+自動車税 ⇒毎月2万円

・光熱費+通信費 ⇒毎月3.5万円

・食費 ⇒毎月4.5万円

・衣服生活雑貨、医療費、養育費 ⇒毎月2万円

合計毎月21万円

ここに児童手当が1.5万円入りますので実質毎月20万円を切って来ます。仮に社会保険料が毎月6万円、貯金2万円、レジャー費用1万円としても29×12=年間348なので今年の運用益で賄えています。

私はレジャー費用はブログ書いたり近所を子供と散歩したり市民農園やベランダで家庭菜園を楽しんだり太陽光に使う電気計測器の勉強したりとほとんどお金は掛けなくても楽しいのでこの辺りは私ならではの強みなのかもしれませんね。

後は家庭教師やアルバイトなり事業なりで毎月夫婦で20万円も稼げば相当に裕福な暮らしが出来ます。そのまま年金受給開始まで資産を減らすことなく暮らしていくことも容易でしょう。

娘も再来年には幼稚園に入るので、平日日中は子育てにも時間を取られることが減ってくるはずです。

現在はまだサラリーマンしていますがこれが年間手取りで700万円あるので、どう考えてもオーバーアーニングで我慢して働く様な状況ではありませんね。。。それよりも会社外でも使えるスキル獲得に繋がる仕事がしたい!

もしかすると現在のフルタイムでのサラリーマンは来年には切り上げ、収入を気にしないで楽しいと思える仕事を厚生年金や社会保険のために短時間働く様な職場を探すかもしれませんね。出来れば2023年は現在の年収を維持しつつ信用力をフル活用し、再来年辺りから徐々にそちらの方向にシフトしていきたいです。

これから先は人生の楽しさを優先して生きたいのでそれも良いかなと考えています。

今まで高校時代から受験勉強に明け暮れ、大学は何とか頑張って卒業し、就職活動に転職活動で高年収を追い求めてサラリーマンをやってきてスキルや経験もちろんお金に人との関わりと本当に多くを得ることが出来ました。

特に自動車メーカ時代のプラットフォーム開発、現職でのスーパーグローバルなプロジェクトマネージメントの経験など、本当に充実した時間を素晴らしい仲間と共に過ごすことが出来たと振り返り思います。

後は少しずつスキルなり経験なり知識なりを若い世代に残しながら私は少しずつ私の資本家としての道を進んで行きたいですね。

育児休暇に両親親戚や家族と十分に過ごし、資産形成の節目である純資産5000万円を超えたり、サラリーマンのしんどさと良さをしっかり確認しつつ、もう十分にSIDE FIREが可能なことを確認できたりと盛りだくさんな2022年でした。

来年は本格的に資本家への道に切り替えていくべく、確実な行動を積み重ねて行きたいですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。