外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 95665総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 95665総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

幾らお金があれば満足できるのか

Pocket

正直きりが無いなとは思います。お金は必要なところには必要ですし不要と言えばそこまで大きな金額は不要とも言えます。

先日クリスマスで東京都心での時間を過ごしましたが、やはりお金を持っているととても快適で幸せな時間が手に入れられるというのも事実だなと感じます。

お金を使わない心地良い暮らしもあるのは十分理解していますが、それでもお金で手に入る優雅な生活に私は手を伸ばし続けています。その理由を私自身明確には捉えられていないのですが、私の心がそれを望んでいるので素直に求めて行こうと思います。

やっぱり気兼ねなくうな重食べたい(笑)。

本日は今時点で考えている富裕層としての目標地点について書いていきたいと思います。

高島屋でクリスマスを楽しんで感じたお金の価値

クリスマスと言うことで日本橋高島屋にお買い物に行きました。とは言っても特に何も買わず食事だけでしたけどね。うな重とうなぎの白焼き、カレーにお子様セットで1万5000円です。

高いと言えば高く普通に近所で食べる値段の3倍くらいしますが、受付も印象が良く落ち着いた雰囲気にウェイターのおっちゃんすら立ち振る舞いや言葉使いがカッコイイので心地良く食事を楽しむことが出来ました。

良い意味での「場所代」という言葉がしっくり来ますね。たまの記念日には良いかなと思います。

娘のことをお姫様と呼んでくれたのは何気に好感度高い。そしてお父様と呼ばれると何だかむずがゆいですね(笑)。流石に高島屋は接客のレベルが高い。

娘「おみずちょおだい」

ウェイター「かしこまりましたお姫様。お父様もお水をお注ぎします。」

私「お、お願いします(うむむさすが高島屋・・・・・この俺が押されている?)」

私としたことが胆力で負けてしまいました←なんの勝負や。

味は当たり前ですが百貨店のレストランなので名古屋のうなぎ専門店の方が圧倒的に美味しいです。本当に質の良いものはお金では手に入らず自分自身の挑戦心や行動のリソースを対価に手に入るものですが、それでも心地良い空気感と座席の距離感や落ち着いた品のある内装の中で満足行く食事を楽しめました。

娘が高島屋入り口のクリスマスコーディネートされたメリーゴーランドに乗ってはしゃぐ動画も撮れました。これだけで30年後価値100万円は間違いなくある(笑)。

高島屋ゴールドカードを使えば駐車場代もただ。車移動がメインの私は何気に嬉しい(結構並ぶけど)。

これが高島屋の魅力なんだなと再認識。全体的に流れるゆったりした時間や接客、銀座日本橋界隈と言う場所柄もあるのかどこかレトロ映画の様な背景、これぞご高齢の富裕層を相手にした接客中心のビジネスと言う感じですね。人は商品では無くその時間の特別感にお金を払うものなんです。

接客と言うのはサービスの要となります。また来たいなと思わせられるか、そこは商品の質ももちろん大事ですがそれよりも心地良い接客が大きな差別化となります。この辺り外資はまだまだ下手で日本の伝統企業のお家芸ですね。

おもてなしの文化と言うのは大切にしていきたいものです。

資産5000万円~2億円くらいの所謂小金持ちを相手にしている感が伝わって来ましたし私は高島屋株式の追加購入を検討してしまいました(笑)。収益性や将来性に関係なく出資したくなる企業ですね。

具体的な目標としたい富裕層としての一定の到達点=運用純資産2億円

こういうことを無理なくしながら東京の都心に暮らしたいなと感じました。

私にとって現実的な理想の年収と言うのは以下の記事で書きました。

サラリーマン給料込みで考えれば達成できている数字ではありますが、これを資本収入や事業収入で達成するのが中期的な目標となっています。年間収入で1600万円、キャッシュフローで1080万円です。

ここで前述の高島屋でのお買い物や都心での理想的な生活を改めて今の時点で書いてみます。

気晴らしに首都高をオープンカーで走り、週末はファミリーカーでお出かけ。駐車場代が一台3万円としても2台で6万円。車が1台800万円とすると1600万円。6年ローンで考えても毎月12万円。

家は都心3LDKとすると戸建てでもマンションでも1億円はします。ローンの支払いで住宅ローンを使っても家を借りて家賃を払っても毎月35万円前後は掛かってきます。

そして食事にレジャーに教育費習い事に毎月20万円は掛かるとします。

それらを合計すると毎月73万円ですね。貯金などの余裕を見て毎月80万円、税金社会保険料で毎月20万円とすると毎月100万円となります。

仮に純資産運用利率を7.5%とすると、これで年間1200万円を出すためには1億6000万円です。純資産1億6000万円で運用利率を7.5%に維持することが出来れば東京都心での贅沢な暮らしにも対応できます。

余裕を見て運用利率を6%として2億円。2億円と言うのが東京都心である一定の優雅な暮らしを送るための金額です。

この純資産2億円を手に入れて東京での暮らしを実現する。それを2030年までに達成する。

当面はこれを目標にしていこうと思います。このくらいの目標が無いとつまらない!ということでどうしたらこれを実現できるか来年は考えて行きたいと思います。

現在の月間生活費30万円でも十分幸せなので何やってるか分からないんですが気にしない(笑)。

先ずは純資産1億円!

思い返せば私が出張に向かう飛行機の中で初めてサラリーマンじゃだめだ、資本家になろう!と覚悟を決めたのは2015年でした。その時に目標として掲げたのは毎月25万円の資本運用キャッシュフローと2000万円の手元資金でした。

当時は1000万円なんて手の届かない大金だと思っていましたしそんなの本当に出来るのかなと思ったものですが、ふたを開けてみると割とあっさり達成できました。

目標を二年前倒しくらいで達成でしたね。

今上げている次の目標であるこの純資産2億円も前に進み続ける限りは私が思うよりも早く実現するはずです。最終的には10億円の運用資産と4億円の純資産を目標到達点にまだまだ少しずつ確実に前に進んで行きたいと思います。

こういうのはイメージして日々そこに向けて行動していけば実現します。今から10年後が楽しみでワクワクですね。

ということで先ずは次のステップ純資産1億円の達成です。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。