とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 331現在の記事:
  • 312753総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 331現在の記事:
  • 312753総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

Lean FIREを1か月経験してみた感想

Pocket

私は先月末に会社を退職しFIREしたのですが、実質的には有休消化期間を挟み会社で仕事しないで暮らす生活を1か月経験しました。

この期間は出費を抑えていた期間で、別に無理して抑えたつもりもなくなるべく使おうとも考えていたのですが結果的にはそうなりましたね。

ということでこの一月を生活費を抑えてFIREするLean FIREとしてその感想を書いてみたいと思います。

FIREの種類と今回実施したLean FIREについて

まず始めに導入部としてFIREの種類を見ていきたいと思います。一口にFIREと言っても以下の種類があります。

Fat FIRE:豪勢な生活費すら資産収入で賄う。

Lean FIRE:必要最低限の生活支出を資産収入で賄う。

Side FIRE:基礎生活費を資産収入で賄い、好きな仕事の収入で楽しみのお金を賄う。

Barista FIRE:基礎生活費を資産収入で賄い、簡単な仕事の収入で楽しみのお金を賄う。

今回はLean FIREですので、支出を最低限に抑えてLeanに暮らした場合となりますね。

生活がLean burnでも貧しさは全く感じない

ということで以下が素直な感想ですが、

・ストレスないから浪費は劇的に減る。

・お酒の量も減る。

・ご飯が美味しい。

・良く眠れる。

・ふとした穏やかな時間に幸せを感じる。

・子供と笑顔で向き合える。

・貧しさは全く感じない。

・草花に触れたり、安い食材を自分の手で美味しいものに変えた時の喜びを感じる。

・日々改善改善で身の回りがどんどん効率良くなっていく。

・部屋の掃除でどんどん綺麗になって行く。

・手続等で勤務先が使えない(口座開設や親戚への説明など)は困りごと。

・サラリーマンとしての信用力が使えない(クレジットカードや住宅ローンなど)。

・給料の投資が出来ないので資産形成が落ち着くのは寂しい。

・元々の性格もあってつながりが無いとか寂しさはあまり感じない。

と色々と会社の仕事から追われなくなると幸福感が増し、人生が快適になって行くことを実感できました。むしろ無駄な支出の方に精神的な貧しさを感じるように思いました。

とにかく色々なことに目が行くようになります。長らく放置されていた部屋の書類や道具も片付きスッキリ快適です。

困りごとはやっぱりサラリーマンの信用力が使えないことですね。ここはこれから起業で対策していかないといけない課題でもあります。

生活費必要支出は合計で21万円ほどで社会保険料等を考慮すると30万円ほどとなりますが、ほとんどが住宅費や光熱費等の基礎的な生活費でした。浪費は特に行いませんでしたしどちらかと言うと安価な食材で豪華な食事を作るなど、工夫に時間を使うことが楽しかったですね。

趣味が野菜作りなので実はこの方が贅沢な気がします。

またお金を使いたいなと思う瞬間はやっぱりありました。最近色々魅力的な車が発売されて新車が欲しいなとか新しいiPhoneが欲しいなと感じた時がありましたが、今の車の方が確実に使い勝手が良いですし特に最新である必要性が無いので買い替えることは無いでしょうね。

こちらは事業活動でメリットが大きくなってきたら改めて考えて行こうと思います。

そういう分かりやすいモチベーションの種になる様なお金の使い方もこれから考えて行きたいですね。お金がもっと出来たら家や車を買って行きたいですね。

あとはPS5とか新しい釣り竿が欲しいなくらいなものでしょうか。個人としてはそこまで使うこともなさそうですね。

毎日が安定して家族や友達みんなが元気であれば十分幸せです。

ということで動画にまとめてみました。

動画内で書ききれなかった感想ですが、

感想:満足度が高くもうこれ以上は不要とすら感じた。でもここで止まっちゃつまらないので資産拡大はまだまだ続ける。逼迫性は無いので楽しんで進める。

時間はたっぷりあるが、暇と言う感覚よりもやることが溢れて来るがそれをやれるエネルギーが限られていると感じる(やっぱり夕方から段々眠くなる)。すごい変な感覚だし人生は短いという言葉の意味を理解した。

お金の不安はそれほど感じないのはキャッシュフロー投資の良いところ。むしろこれをもっと増やしたいと思って積極的に勉強する。資産収入で暮らせるし、どのみち稼がない人生は有り得ないと考えているから。ただ心の安定のためにやっぱりある程度貯金や資産収入は絶対に必要。(そこまで大金でなくても良いとは思う)

稼がずにはいられないのはFIREの状態がドラクエで言うと防御の状態なので、うずうずするから。いつまで防御してたらええんやみたいな。

ふとした瞬間に遊びに行こうとか春になったら家族で桜が綺麗な公園に行こうとか、自由に時間を使える感覚は代えられない魅力がある。

やりたいことが無限に出てくるのですが、時間と体力は限られていて人生は有限であることを強く感じる。

大事なこと:お金は必要額あれば良い、真の贅沢は楽しむための文化資本

この辺り書き始めると本当に色々と出てくるのですが、また日を置いて改めて感想はまとめていきたいと思います。

これから一か月はSIDE FIRE

ということでLean FIREは満喫したので次はSIDE FIREとして好きなことを仕事にしながら生活してみたいと思います。

これは具体的には現在行っているブログとYoutube、そして私が好きな釣りやガーデニングに建築の勉強等の研究開発を行いながら事業家の道を探る生活となります。もちろん財務や経理などの作業や資産運用に発電所や不動産の管理も私の仕事です。

意識的にこれらの活動の時間を増やし経費も発生させ、これら事業活動に全力で動いた期間としていきたいと思います。

今年中にFAT FIREとBarista FIREもしてみようと考えています。

FAT FIRE:一か月で100万円使う。

Barista FIRE:簡単なフリーランスやアルバイト的な仕事をやってみる。

これも良い人生の経験となるでしょうね。

それではSIDE FIRE体験記については1か月後にまたまとめていきたいと思いますので楽しみにしていてくださいね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。