とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 66現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 66現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

未来を読むことは誰にも出来ない、でも未来を動かすことは出来る

Pocket

投資をしていてこうなるだろうという予測の元に投資分野を決めて投資をするのですが、やっぱり未来を読むことは出来ないという前提のもとに投資をするのが正しいなと感じます。

どんな専門家にも、極論株価を完全に予想することは出来ないのは明らかです。

あまりに複雑系で、個々人の動きで如何様に動きが変わり、それを完全に予測するためにはあらゆる森羅万象を知る必要があります。ラプラスの悪魔と言うやつですね。

因果律予測による投資は確かに強いです。完全な未来予測は出来なくても予測シナリオに乗った場合と乗らない場合で動きを決めておくことで勝率を大幅に上げる技術であり、これは情報量が多いほどに勝率が上がります。

お買い得の株を探すという行為をもう少し因果律予測的に考えると、お買い得をあまり注目されていない財務優良株としてそれを探す投資家が今後増えてくれば株価が上がるなという予測シナリオに乗る行為です。極論市場がお買い得であることを通常見逃すことは有りませんが、そのシナリオに乗った場合は株価が上がるという見方をします。

それでも因果律予測は確率分布の中の世界であり、どこまで行っても予測の技術です。株はどこまで行っても投機であり勝率が高いかどうかだけの話です。現在の株が割高なのか割安なのかは誰にも分からず、そもそも本当に株価が適正なのかすらも非常に不安定なものです。

そうなるともっと現実的、確実なのは未来を自分で動かすことです。

それはとても簡単なことで、お金を手に入れたいならば働き、不労所得でと言うことであれば不動産を運用し実体有る事業の利益を作り、投資であれば勝てるための技術知識を勉強研究することです。

以前太陽光の融資相談の際に公庫の方に太陽光用地は担保価値が無いですと言われたのですが、私はそうでは無いなと感じ確かに何もしない空き地には価値はありませんが稼働を始めた認定済み太陽光施設の土地としては価値がありますと言いました。

価値は決して受け身のものでは無く、自分で創り出すことが出来るのです。

前向きな行動がいつだって確実な成功への近道なのです。未来を自分で動かして行きましょう!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。