とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 55現在の記事:
  • 297162総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 55現在の記事:
  • 297162総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

私ですら、人からの評価には心を動かされるんだなと思う朝

Pocket

ちょっと心の整理をさせてください。こんな役に立たない記事ですいません。

正直Youtubeが楽しくて仕方が無いです。なんでなんだろ。でも滅茶苦茶大変です。

・物語やアニメ制作をしている様な気分になる。

これが今ものすごく大きいです。新しいキャラクターを考えたり演出したり、それを私が持つ資産形成の知識ノウハウと組み合わせて世界に唯一無二の活き活きとしたキャラクターを創り上げる。

クリエーションの喜びであり、創造的な活動こそは私がやりたかったライフワークだったのだと理解しました。私は本当に昔から芸術家肌です。

元々Youtubeは起業してからの資産運用セミナー用の資料作りの練習を目的にFIREをした頃から注力しているのですが、やっている中で私の中の目的が変わってきていることを実感しています。

もちろんアウトプットにより得られる理解の深まりは消えることの無い永久の財産で、広告収入なんて比にならない利益を将来生み出すことはよく理解しています。実際私はYoutubeでの収益は全く当てにしていませんし、広告収入は自分の動画クオリティ向上のための再投資を私に義務付ける鞭ですらあると思っています。

実際本ブログの収益もYoutubeでのクオリティ改善のためのコンテンツに全て使っています。毎月数千円程度ですが。

でもそれはそれ。

結局私がやっていて楽しいからやっているのだと思います。これは今までサラリーマンとしてやっていた合理的手段による金銭的収益の獲得とはもう完全に異なる世界観です。

そしてそれを肯定するために視聴者様に認められたいという思いで、情報価値の純度をとにかく上げようとしているのです。やっぱり生産物が社会貢献に役立つことはとても大切です。

収入は1円でもぜんぜん構いませんが、チャンネル登録数はやっぱり伸びて欲しいです。

人間は自分を完全に認めるためには他者からの評価も半分くらい必要なのだと理解するようになりました。私は資産が5000万円出来たことでもう自分は人から評価される側の人間では無いことを自覚し始めましたが、それでも心の半分では誰かの評価に依存している自分を消しきることは出来ません。

きっとそれって誰でもそうなのだと思います。どんな大富豪もどんな成功者も、完全に自分を認め切ることは出来ないのです。

この自分がやりたい事と誰かに認められようとすることは選択の問題ではなく、その間でのバランス問題なのだと思います。どちらも良いしどちらをどれくらいとるか、それが人生を形作るのです。

その比率を私は6:4くらいにしようと思います。やっぱりどんなに低評価を食らっても自分が創りたいものを優先して作りたいしそうじゃなくちゃ私の持つ価値を作品に映し出すことが出来ない。

それを生業にするアーティストなんて、CDの売り上げ枚数でどれだけ悩んだか、絵が売れなくてどれだけ落ち込んだか、そういうのも理解出来る様になりました。

私は自分の作っている動画には概ね満足しています。私が持っている資産運用における能力を完全に引き出し始めていると思います。このレベルを維持改善すれば少なくともこのチャンネルを見ている方の資産運用能力は1億円クラスに届きます。それが出来ないなら私自身が自分の能力を見誤っていることになります。

アニメ風の画調なのは完全に私の好みなので正直ここはもう変えられません。私がやりたいこととリンクしているので私のライフワークの形でありそこはもう収益がどうこうともチャンネル登録数にすら全く無関係です。

全体的にコミカルなのも結局こういうのが私は描きたいんだなと思いました。

あとは情報の精度を高めて、細かな見栄えは後から幾らでもなんとかなる。このアセットクラス分散投資は王道絶対の大富豪の投資術です。

この重戦車の様な力強い資産運用の技術を上手く伝えていきたいなと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。