とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 122現在の記事:
  • 273410総閲覧数:
  • 420今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 122現在の記事:
  • 273410総閲覧数:
  • 420今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

お金持ちが好むものが何となく分かる気がする今日この頃

Pocket

今日家族で丸亀製麺に出かけて帰りにスーパーでスイーツを買って帰ってきたのですが、完全に感覚はサブスクで一応お金は払っているのですが何というかそもそもそのお金は資産の運用から得ているのであまり自分のお金を使っている感がありません。

これほんと不思議な感覚で、私はこれから起業を進めようとしているのですがこれ以上稼ぐ必要あるのかなと素直に感じました。

普段の生活は何一つ不自由していないし、何だかんだ色々なところからもお金が入って来るので正直お金はあまり活動のモチベーションにはならないかもなと感じたりします。

きっと私を上回るお金持ちの方々ってこの感覚が私よりも強くって、お金で買えるものにはあまり価値を感じていないだろうなと想像します。

そうすると何に価値を感じるのだろう。

何となくですが、「美しいもの」に価値を感じるだろうなと思います。

感動的な体験、手入れされた庭に咲く花々や青々と育つ植物、音楽演奏に見目麗しい異性、きっちり氷詰めされた新鮮で丁寧に処理された魚介類、素敵な出会いなどなど、こういったお金では買えないものに価値を感じるだろうなと。

美しいものはお金では手に入りません。自らの命の輝きを対価に得られるものですね。

私がイラストを描くのが好きなのも、楽器演奏を好むのも、結局本当の美に触れる中で得られる感動的な体験を何より尊く価値があると感じているからなのだと思います。これは全くお金の掛からない行為ですね。

だから私も今の資産運用益での生活はほどほどに、やっぱり私が成すべきことを成して行く中で本当に美しいものとの出会いがあり、それが人生を豊かにしていくのだと思います。

これまでもこれからも、私自身が何かを乗り越えて行く中で得られる喜びを大切にしていきたいですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。