とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 153現在の記事:
  • 297377総閲覧数:
  • 287今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 153現在の記事:
  • 297377総閲覧数:
  • 287今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

「生活の中の贅沢」お金が掛かるものと、掛からないもの

Pocket

贅沢を満喫する時間、投資をしていても節約をしていても、資産形成をしていてもやっぱり楽しいですよね!

お金のかかる贅沢

私のお金のかかる贅沢というものは

・高級ヘッドホンで音楽を聴く。 →防音のしっかりしたオーディオフルセットとかもいつかやりたい。

・車でドライブ →雨の日のドライブとかしっとりして最高。オープンカーで都会のナイトドライブとかまたいつかやりたい。

・広めの庭付きの家でピアノ置いて優雅に過ごしたい。

最近どこまで資産形成しようかなと考えることがあるのですが、恐らく今の生活を続ければお金を全く稼がなくても年金受給開始までに資産1~2億円くらいにはなっているだろうなと思っています。

でも絶対そんな要らないよなというのは理解していて、それよりも大切なのは100歳までお金を稼げる仕事を自分自身で創ることです。つまり起業をして事業を運営するということですね。

何より健康が100歳まで続く様な習慣を今から育んでいくことです。

FIREに踏み出した理由もここにあり、今のうちから人生100年時代に備えておくことが会社で働くことを考えるよりも大切だと感じたのが最も大きな理由です。

そうすると私としてはお金はもう適度に使いながら、大体30年後の物価が現在の2倍くらいになった想定で資産1億円をその頃の落としどころに、お金を自分で稼ぐ仕組みづくりをしていきたいですね。

ということでお金を使った贅沢はこれからちょっとだけ積極的に、大体3年後の子供が小学校に上がるくらいのタイミングで家も良い中古住宅に引っ越しして、車も買って、ホームシアターシステム組んでとかそういったお金の使い方を考えています。

投資スタイルが人によるというのは、要はお金の使い方使いどころが人によるからなのです。

お金の掛からない贅沢

とは言え資産形成の途中でお金を使えば当然資産を増やすスピードは一気に停滞します。これも真実であることはどんな時代も変わりません。

私自身もこの10年間は以下を徹底していました。

・住宅費の削減

・収入の最大化

・余剰資金の投資の徹底

住宅費を落とすだけで同年代同収入の一般的感覚と比べても毎月10万円の余剰キャッシュフローがつくれました。ここが資産形成において圧倒的な威力を発揮しましたね。

良い家に住むのと、毎月10万円好きなことに使えるのと、どちらが伸び伸び生きられるかは比べるべくもありません。

そういった生活の中でお金の掛からない贅沢、というものにかなりの知識ノウハウが私の中で蓄積されています。例えば野菜作りとかは本当にお金掛かりませんが、植物が育つ喜びと言うのは格別で、それが食材として生きる場合はなおのこと喜びは大きいです。

畑に行ったらアスパラガスの芽が出てました。こういうの最近株価上昇とかより嬉しい。

野菜作りは本当にお勧めです。庭が無くてもベランダがあれば日当たりが良くても悪くても何某かは育てられます。ジャガイモとかは案外簡単に、日当たりが悪くても茗荷など育てられてお子さんと一緒にやれば食育にも良いですね。

植物と投資の時間間隔は非常に似ています。植物を育てながら、いつの間にか育っているのが株だったり、不動産だったり、太陽光で得た売電収入だったり。毎日毎日見てもほとんど変化はありませんが、数か月数年で非常に大きく育っているのを期待するのが正しい投資のマインドセットです。

料理とかも極めると外食レベルが大体3分の一くらいの金額で楽しめるようになるので良いですね。

贅沢は資産が出来ればただで出来るのが資本主義社会の仕組み

贅沢をする前に資産形成を優先すること。これが豊かな生活を実現するうえで非常に大切になって来ます。

例えば資産1000万円を築けば運用技術とインフレ率にもよりますがレンジとしては3%~10%ほどの利率を狙うことが出来ます。つまり年間30万円~100万円ほどを非常に小さな労力で得ることが出来ます。

そのお金で例えばホームシアターセットを100万円でそろえても、翌年には資産の自己成長により消費分は自己修復されます。これを活かして負債を組んで家を買えば、35年ローンで2000万円ほどのローンを払いながら家を持ち出し無しで資産化すら出来ます。

実際のところ私の資産形成の大部分はアセットクラス「負債」の力を使ったものです。手出し無く今も毎年200~300万円の純資産増をもたらしています。「闇のアセットクラス負債」

それが3000万円の運用ともなれば毎年90万円~300万円の利益。この辺りからお金のための労働から解放されるのがお分かり頂けると思います。なんせ一般的な住宅ローンなら払えてしまう資産額です。これが5000万円となればおおよそ常識的な生活費は払えてしまいます。

これが資本家転生基準の考え方で、私のチャンネルで採用している資本家5000万円ラインです。

今を楽しみたい、若いうちほど感受性が高い、これも真実です。だから最後はバランスになって来ます。

お金の掛からない贅沢を極めながら、少しずつお金のかかる贅沢をセーブし、いざ資産が十分に築けたら資本収入で贅沢を存分に楽しみましょう。贅沢は最後の楽しみに取っておいても逃げたりはしません。

資本主義の構造を理解し、それぞれの資産クラスの特性を把握すれば、まあお金に困ることは無くなるでしょう。そういったことを私のチャンネルでは発信しています。

アニメゲームネタを交えつつ(笑)。楽しみながらお金持ちになっていただければ何より幸いです。

https://www.youtube.com/@FIREplus_Toru

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。