外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 45現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 45現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
車・家電・日用品レビュー

ものすごくHonda Freedでいいんじゃね?と思う3つの理由

Pocket

生活費最適化の最後の聖域。それは車。

私は車が好きで自動車業界でかれこれ14年ほど働いてきました。それゆえに車だけは好きな車に乗ろうと今までBMW車を主に様々な車を乗り継いできました。

BMW Z4。2人乗りオープンカーです。
朝の風を感じながらのオープン走行は最高でした!
BMW 3series coupe。最初で最後の左ハンドルMT車です。
内装を本革ベージュでオプションオーディオも付けて、とにかくデートカーとして最強でした。
BMW 3series touring。ディーゼルエンジンで燃費も良く何より高速走行が安定して静か。
少し高価ですが格好良さと走りと実用性において文句無しのバランスを誇ります。

いつまでもこの3シリーズツーリングに乗っているのも良いのですが、最近はローンの支払いや維持費と低めのボディーやドアの重さ幅の広さ、ベビーシートの窮屈さに赤ちゃん家庭ユースでの使い辛さを感じています。

それでも問題なく使えるのは流石天下の3シリーズのバランスの良さですが、最近コロナショックにより生活費の合理化を徹底しておくべきとの思いに基づきついに最後の聖域である車費用を削減しようかと考え始めています。

ものすごくフリードでいいんじゃね?と思う3つの理由

ということで日常のユースケースから洗い出し、BMW 3series touringとフリードをそれぞれ比較評価していきたいと思います。

ユースケースBMW 3series touringHonda freed備考
近所の送り迎え・買い物
ちょっと仰々しい。この走りの性能はオーバースペック。荷物もあまり載らない。

車幅も狭く運転しやすい。荷物もたっぷり載せられる。
長距離旅行、帰省
走行姿勢が安定していて車酔いしづらく快適。

視点が高くて快適。多少ふらつきを感じるため車酔いしやすい。室内は広く荷物は沢山載る。
発電所草刈り
荷室は狭いが不満と言うほどでも無い。運転の疲労は少ない。

荷室が広く荷物の上げ下ろしは不要。運転疲れは比較的大きい。
音楽鑑賞
特にオプション装着していないが、低音が豊かで心地良い。
×
国産車は正直厳しい。
給油
多くて月に1回程度。

長距離走行でディーゼル車に及ばない。燃料も軽油より高い。
維持費やローンの支払い ×
ファミリーカーとしては高過ぎる。減価償却等考えると毎月10万円の費用。

やはり国産ファミリーカーは安い。減価償却等考えても毎月5万円程度。
総評12点12点

別に無理に3つの理由にまとめる必要はありませんが、総評で言うと私の中では拮抗しています。

いま優先するべきは経済性と家族ユースの実用性であることを考えると、僅差でFreedに軍配が上がる気がします。

某北関東研究所時代からフリードは社内でも評判良かったです。
Honda公式HPより画像引用

時代とともに価値観は変遷します

若い頃はカッコいい車、見栄を張れる車、女の子とのドライブを特別に出来る車。

そんな価値観で車を選んでいました。

必然的に高価な車となりましたが、それはそれで人生を彩る素敵な車でした。

これからは経済性と家族との幸せ、それから資産構築スピードを更に上げるための車選びをしていきたいと考えています。

やはり評価は拮抗しているので依然として悩んではいますが、近い将来に家族向けコンパクトミニバンに乗り換える流れはもう止められないのかなと感じています。

どちらを選んでもきっと家族との思い出は素敵なものとなるでしょう。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。