外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3378万円、純資産3337万円(うち金融資産2440万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入8万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3063万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+503万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 6現在の記事:
  • 54271総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 6現在の記事:
  • 54271総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
子供の金融教育・資本家教育

子供との生活を経済面からシミュレーションしてみる。

Pocket

いよいよSIDE FIREが間近に迫ってきているのを感じています。

今まで色々と社会に揉まれ続けてきましたが、これからの人生は大切なものにフォーカスして生きて行きたいですね。

ということで先ずは経済的見通しを立てるべく、本日は子供との生活を長期概算でまとめていきたいと思います。

子供との生活費をシミュレーションしてみる

今時点の願望レベルではあるのですが、大体以下の様に考えています。

幼稚園入学まで ⇒今の家で低家賃で生活。

幼稚園入園~小学校卒業まで ⇒文京区公立幼稚園、小学校

中学校入学~高校卒業まで ⇒文京区の私立

大学卒業まで ⇒東京都内の大学進学

ということであと2年半ほどは現在の生活費は毎月25万円を続けることになりますので、750万円の費用が掛かることになります。

そして幼稚園からは都内文京区に暮らすことになり、生活費は家賃+21万円で車は手放して-4万円として一般生活費で+4万円、学費+10万円で56万円となります。余裕を見て60万円としましょう。

そうすると18年×60万円/月で1憶2960万円ですね。

これから教育において理想的な生活を送るためには20年の合計額約1憶3000万円が必要であることが分かりました。

これから稼ぐ金額の目標値を定める

ということで文京区での生活を考えると20年で必要な生活費は1憶3000万円と試算されましたね。

そこから現在の資本収入毎月25万円を引くと20年×25万円/月で6000万円となりますので、差し引きで7000万円となります。

この7000万円がこれからSIDE FIRE生活20年で稼ぎたい具体的金額になりますね。インフレや少々の贅沢等少し余裕を見て年間360万円と設定しましょう。

子供の入学の頃から妻にもパートに出てもらうとすると、私としては年間300万円を稼げば良いことになります。

まあこのくらいであれば何とでもなりますので、十分現実的かなと考えています。150万円を新規の個人事業で稼ぎ、残りの150万円は近所で社会的繋がりを確保するために資格取得して無理の無い雇用業を探しても良いです。

資産の成長率を考えると実際はもっと楽になるはずです。金融資産の利率を4%で見ていますが、真面目に運用すると7%も現実的に狙えますので。

好きな仕事で年間360万円稼ぐ。これがSIDE FIRE後の具体的な目標になりそうです。

何だかんだ前向きにやっていると結局目標を超えることがほとんど

ということで以上が生活を実現するための経済目標となります。

文京区で家賃を30万円掛ける想定ですので、言ってしまうとかなり贅沢な生活をするための費用になりますよね(笑)

万が一上手く行かない、想定外のことがあれば文京区ではなく今住んでいる家で生活を維持しても十分に幸せです。その場合はほとんどお金を稼ぐ必要すらありません。

同時に小田原など海が近くて住みやすそうな町での生活も第二プランとして検討しています。この場合は今よりもむしろ生活費は下がるかもしれません。

心配しなくても大抵の場合、前向きにやっていると目標を大きく超えることが多いです。毎日真剣に向き合った行動というのは想像する以上の大きな成果をもたらします。サラリーマンを惰性でやっていると忘れがちですが、会社で提供している労働力というのは積み上がるととんでもなく大きいです。

あまり悲観的にならず、さりとて楽観視しすぎて油断はせず。襷の緒を締めて人生を真剣に精一杯生きていきます。今までももちろんこれからもそれは変わりません。

この件についてはファイナンシャルプランニングを勉強してより精緻にグレードアップしていくつもりです。またどこかで更新版を記事にしていきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。