外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、SIDE FIRE基準達成まであと純資産+1238万円((基本生活費+年金社会保険料)×12÷0.075-純資産額)、資本収入+3万円(資本収入>(基本生活費+年金社会保険料))。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 57349総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 57349総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

資本家基準の達成を2024年7月までに実現します!!

Pocket

何だかんだと実際に生活費を資本から賄おうと考えた時に、以下の記事に書きました資本家の基準はかなり妥当だなと感じています。

年収1060万円、純資産4863万円、金融資産2312万円。

現在純資産が3400万円、金融資産が2500万円、資本からの収入が800万円(キャッシュフローは300万円)ほどあります。

仮に純資産差額の1200万円をこれから働いて貯め、収益アパートをもう一棟買い増せば年間およそ500万円ほどの売り上げと150万円ほどのキャッシュフロー増となります。

年収1300万円、純資産4600万円、金融資産2500となり、見込みの月間手取りは毎月40万円ほどになります。資本からの収入だけで余裕を持って生活することが出来ますね。

以下の記事にも書いていますが私は2024年の7月を以てSIDE FIREに入る計画でいます。

残り2年半ほどありますので今のサラリーマンを続けて1200万円稼ぐか新規事業で同額を手に入れるかを検討しています。

まああと2年半くらいはサラリーマンしていても良いかなとも考えています。確実に目標に到達できますしね。好きな方を選んじゃいます。

ということで経済的自由を目指すに当たり

・年収1060万円

・純資産4863万円

・金融資産2312万円

これをベースとして目指しつつあとは個々人の求める理想の生活像に応じて調整されると良いのではないかと思います。

私もあともうひと踏ん張り、目標に向けて頑張っていきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。