外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 23現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 23現在の記事:
  • 57341総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

日本円現金の保有額目標

Pocket

投資市場、特に米国株と仮想通貨界隈が非常に好調ですが、逆にここまで上がってしまうと買うのも売るのも難しいなと感じてしまいます。

あまりに上がり過ぎるとそれはそれでもっと買っておけばよかった。下がったら下がったで早く売っておけばよかったとなりがちです。

こういう時に心地良く落ち着いて過ごすためには自分なりの資産運用に対する考え方や取り組み方を固めておく必要があります。

ということで本日は日本円による現金保有について書いていきたいと思います。

日本円現金の保有額目標

私は大富豪の投資術という本を読んで資産運用を学びましたが、その中で生活費の1.1年分の現金を手元に置くという考え方が紹介されていました。

1.1年というのは仮に何か不測の事態があっても1年と少しあれば立て直すための時間としては十分だよねという期間になります。この期間を働かなくても日々を安心して過ごせる現金を常に手元に置いておけば、何かあっても人生何とか立て直せるでしょう。

再就職先を探しても良いですし、ビジネスを構築して収益が入り始めるための時間としても妥当です。

現在私の生活費は毎月24万円ですが、それに最低限の年金社会保険料を毎月6万円とすると毎月30万円となります。

それの1.1年分ですので、360×1.1=396万円となりますね。

それに加えて私の場合は不動産の修繕積立金を稼働開始日より毎月2万円、太陽光を二基分で毎月2万円積み立てていますので、2021年末時点で186万円を積み立てるのが目標になります。

再投資のための現金を温存しておいても良いと思いますが、私の場合は不動産太陽光や配当金から定期的なキャッシュフローがあるため急落や調整局面が来れば少しずつ安値で買い増す戦略を取っています。

ということで合わせて396+186=582万円が今年末時点での日本円目標ですね。純資産全体の16%ほどになります。

高騰している株や仮想通貨の一部売却を行いこの値にリバランスしていきます。

一度心地良い水準を決めたら後は淡々とその目標値を保ち続けるのみ

資産運用はとかく執着しすぎると売ったり買ったり毎日チャートを見てしまったりと時間を掛け過ぎてしまいがちになります。

その間は精神的にも落ち着かず折角の日々を台無しにしてしまってはもったいないですよね。チャートを見るのも楽しいのですが、やはりより生産的な時間の使い方をすれば人生の可能性は開くと思いますし。

毎日評価額が気になるようではそのやり方は現時点では正しいやり方とは言えません。

先ずはご自分がどの辺りであれば日々を穏やかに過ごせるかの基準額を決め、そこを維持しつつ自身の精神状態を時間を掛けて見ていくと資産運用に対する正解が見えてくるかと思います。

始めは中々慣れませんが、2~3年やっていると段々と慣れてきます。

とにかく資産運用は長期戦です。途中で止めてしまっては資本主義成長の恩恵を受けることは出来ません。

自らが心地良く過ごせる考え方を持ち、日々を幸せに過ごしながら資産運用を末永く楽しみましょう。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。