外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 60572総閲覧数:
  • 86今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 60572総閲覧数:
  • 86今日の閲覧数:
ベランダガーデニング・農業・養殖業

今年もプランター栽培で沢山の自然薯がベランダで収穫できました(^ o ^)

Pocket

この時期の楽しみといえばベランダで育てている自然薯の収穫です。

そんなに日当たりは良くないのですが、それでも十分立派に育ちます。

毎年大体4月に種芋を昨年余った土に植えると5月から次々と芽を出します。

秋には零余子をたくさん収穫しながら、冬のこの時期に葉っぱが全て枯れてから収穫します。

今年は中型サイズが多かったのですが、収穫量は過去最大でしたね。一つ一つの大きさが一食使いきりサイズでむしろ使い勝手が良いです。

自然薯は山芋よりも味が濃く粘りも強いです。まるでお餅の様に伸びます。

これから1~2か月は好きな時にとろろご飯やとろろ入りお好み焼きが楽しめます。日々のちょっとした喜びが増えるんです。

自然薯は本当に栽培も管理も楽でお勧めです。ホームセンターで短径自然薯の種芋と大きなプランター、そして蔓を誘引する支柱を買えばすぐに始められます。

そして一度育てば毎年零余子が勝手に落ちて育ちどんどん芋の数が増えていきます。今回も来年の種芋向けに幾つか取っておきます。

何となく投資に通ずるところがありますね。芋を食べる=利確、種芋を植える=配当再投資、といったところです。

ベランダでプランター栽培をやっていると太陽の光は資源だなと感じます。有効活用しないともったいない!

ということで貴方も如何ですか?自然薯栽培楽しいですよ。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。