外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 23現在の記事:
  • 75424総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 23現在の記事:
  • 75424総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

Financial Independencyの本質。資産は現在の自由、今すぐ得る満足、未来の可能性の喜びを生み出すもの。

Pocket

先日両学長と厚切りジェイソンの対談を見ていてFinancial Independencyについての本質が良く見えていたので記事にしたいと思います。

なんで資産を築くのですか?どうせ使わないならいらなくないですか?

こういう質問は私も聞かれたことがあります。思うことを箇条書きにすると

・資産からの不労収入で生活を維持することが出来る。仕事に縛られることが無くなる。

・今使ってしまう必要はない。無理に使う必要は当然ない。それでいつでも欲しいものが買えるという満足感を味わうことが出来るし、実際に買って満足感を得ることも出来る。

・ お金があれば未来のある時点で出来ることが増える。 死ぬときまでに使い切ってしまおうと考える必要もなく、未来のどこかで常に人生を大きく動かすことが出来ることを一生楽しむことができる。

そこから思うFinancial Independencyの本質ですが、

・現在の生活を自由な仕事の選択の元に維持することが出来る。不労収入から株主優待獲得や税金を払うことで社会インフラを負担無く使う権利を得ることが出来る。(現在キャッシュフロー優先の方向性)。

・実際買わないとしても、今すぐ買うことが出来るという目線で高級品を眺めることが出来る=まるで世界の全てが自分の所有物かの様な疑似的満足感を味わえる。当然今すぐ買って楽しむことも出来る。(現在満足優先の方向性)

・ 将来において大きなお金を動かすことが出来る可能性に幸福を感じることが出来る。(将来資産優先の方向性)。

つまり今の暮らしの自由を謳歌するか、今の購買の喜びを満喫するか、未来を夢見る楽しみを得るのか。そのどれをも手にすることが出来るのがこのFinancial Independencyの本質であり、目的でもあります。

資産が5000万円を超えると見える世界が変わってきます。

お金があることで人生が幸せになる、ということを知らずに過ごしていた過去の自分に教えてあげたかったです。若い頃はそれでもその時の浪費を優先するでしょうが、やはり知っていると知らないとでは大きな違いを生み出します。

別に無理して仙人の様な暮らしをする必要はありません。少しずつで出来る範囲で資産を増やしていけば良いのです。やっているうちに楽しくなって段々スピードが上がって来ます。

資産が増える喜びは浪費の喜びを上回ります。人生が段々と自由になり、将来の期待に明日が待ち遠しくなります。

そして厚切りジェイソンさんがおっしゃっていたように、まだまだ元気なうちにRetire Earlyはしないですね。ですので多くの方が目指されるのはSIDE FIRE(好きな仕事をしながら生活する)なんだろうなと思います。

一日一歩ずつ人生を豊かにしていきましょう!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。