外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 95148総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 95148総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
太陽光発電・自然共生事業

春の太陽光発電所をGOPRO HERO10で試し撮り

Pocket

本日は霞ヶ浦までドライブがてら太陽光発電所の定期視察に行っていました。

この季節は春の花が咲き乱れて本当に気持ちが良い。天気も良くてドライブ日和でした。

発電量もばっちりですね。

二基合わせて

(313.6+224.0) × 24 × 1.1 = 14,192(税込み)

ということで1万4千円ほどの売上です。たまに故障しますがほぼ自動操縦でこの売り上げは嬉しい。

今回GOPROをHERO10に更新し動画も撮ってきました。

4月~8月は太陽光が資本の主役

これから日照時間が伸びてきて太陽光の売り上げが上がってきます。

この時期は20万円前後のキャッシュフローが出て太陽光発電の収入だけで生活費のほとんどを賄うことが出来ます。

今は特に使うあても無いので半分を繰り上げ返済に、半分を投資と修繕積立金に充てるようにしています。将来的には子供の学費の全額(学費+習い事+教育に適した環境の追加住居費用=20万円/月)を太陽光収入で賄うつもりです。

ということでこれからも太陽光発電所を大切に運営していきたいですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。