外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,357万円、純資産5,797万円($416,102)【金融資産2,470万円(日本円 432、株式/ETF/投信 1,307、暗号通貨 102、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 94、保険/退職金 493)+ 実物資産3,326万円(不動産 1,161、太陽光 1,775、金/プラチナ/銀 183、耐久財等 206)】、自己資本比率37.7%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 81683総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 81683総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
子供の金融教育・資本家教育

田中貴金属での金貨購入と娘の資産ポートフォリオ

Pocket

今日は娘の2歳の誕生日用に横浜元町の田中貴金属まで足を延ばし、金貨を購入してきました。

私は今までは純金積み立てで積み立てた金を交換して購入していましたが、今回は金貨単品での購入を初めてしてみました。

ということで購入の流れを書いていきたいと思います。

田中貴金属での金貨買い付けの流れ

子供の誕生日記念と言うことで2022年製造の金貨が欲しいと思い、先ずはHP記載のコールセンターに電話しました。コールセンターでは在庫が直接確認できないらしく、訪問予定の店舗に直接電話したところ在庫があるとのことで翌日に買いに行きました。

到着して金貨購入の旨を伝えたところ2階に案内され、簡単に申込書を記入して購入。支払いは現金のみとのことでしたので、事前に30万円を用意し持参しました。

金貨の持ち帰りの包装は無料の簡易な紙包みか、しっかりした有料のケースかを選べたのでケースを購入しました。こちらは660円でした。

以上で終了。思うより気楽なお店で購入も簡単。来年もまた利用したいと思います。

金価格の上昇により、金貨は一枚30万円ほど

金価格が急上昇しており、現在の田中貴金属での金小売り価格は8,869円/gです。随分値上がりしましたね。

1オンス金貨は31.10gですので純粋な金としての価値は8869×31.10=275,825円となります。それに金貨製造分のプレミアムと売買費用が乗って購入価格294,642円ですね。

昨年金貨を購入した際は20万円ほどで一枚買えましたが、今年は30万円近い値段となりました。

ジュニアNISAの枠一杯に贈与もしているのでこれで合計110万円の基礎控除枠を使い切りました。

恐らく金はこれからまだまだ値上がりすると思います。長期的には今後20年で今の2~3倍くらいまで行くかもしれませんね。価値の保存を考えて金をポートフォリオの一部に加えておくと良いかと思います。

この辺りはやはりバランス良く、特に娘の資産なので利回りよりも安定性を重視したいと考えています。

娘がいつ金貨の価値を理解するのかは分かりませんが、その日が来ることを楽しみにまだまだ長生きしたいと思います(笑)

娘の保有資産ポートフォリオを更新

ということで購入した金貨一枚を追加しましたのでポートフォリオを更新したいと思います。

相変わらず株式が多いので来年はREITと債権を増やそうと思います。総額は円安の効果もあり順調に伸びていて421万円まで到達しました。元入れ金が300万円ほどなので40%程度の上昇です。

上昇はしていますがもう少し安定感が欲しいので、やはりREITと債権を上手く組み合わせていきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。