外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 75378総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 24現在の記事:
  • 75378総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

資本収入1600万円、事業収入1400万円という目標を超えていく

Pocket

私が目指す理想の生活は、資本の運用で年収1600万円相当の収入を得て優雅な生活の費用を賄いつつ、更に自分自身の能力を事業にフルに使い双方合わせて3000万円の収入とし、そのお金を私が好む分野の振興のために使っていくことです。

これを理想のSIDE FIRE生活と定義しています。

高い目標ではありますが越えられないものでは無いと考えています。

ということでその実現を改めて考えて行きたいと思います。

目標達成におけるモチベーション

先ず始めに考えなくてはならないのが、何故年収3000万円を欲しいと感じているかです。

ここがブレると達成はおぼつかなくなります。

理想の世帯収入が1600万円であることは過去の記事でも触れていますが、この金額があれば私が思い描く生活は実現できます。

やっぱり東京の賑やかで伝統ある街の近くの閑静な住宅地に住みたいですし、教育費も贅沢も我慢することなくカッコイイ車に乗りたいです(笑)

私自身昨年実績で会社給料込みで単純年収1800万円、キャッシュフローで1100万円ほどありました。生活費は400万円ほどですので700万円が投資余力としてありますが、この700万円を生活費に使えばかなり優雅に暮らすことも出来ます。

もちろんここはまだ資本収入では1600万円には到底届かない(現在収入で900万円、キャッシュフローで370万円程度)ので、その余力700万円は基本全額を資本に投資し達成を進めていきます。

それでは事業収入による1400万円はと言いますと、収入金額云々というよりは事業経営を行う上での一つの節目としての数値目標としています。私一人のリソースをフルに使った場合にこのくらいは達成したいとなという割とざっくりした数字ではありますね。

資本の運用はそれほど大きなリソースを必要としないため、私自身の活動リソースとしての可処分資本をこちらの事業経営に振り分けます。この事業収入については自分のためというよりは私が好む分野の振興のために使おうと考えています。

双方合わせて収入で3000万円、手取りで1600万円ほどを目指しています。

つまり理想の生活のための費用を資本の運用により賄い、生き甲斐ややりがいとしての事業を営み得た収入を望む世界の実現に使うというのがコンセプトとなります。

資本家として経済的な縛りを取り払い、雇われでは無い人生の本当の仕事を追求し理想の世界を実現していきます。

先ずは個人でも達成できる規模で進める

資本運用による収入を1600万円、キャッシュフローで言うと1100万円ほどを目標としていますので、今の純資産5000万円を運用している手応えからして大体3~4倍ほどの資本額規模を思い描いています。

最終的には総資産6億円、純資産で2億円を目標としていきますが、サラリーマンの内に純資産1億円を達成しその後は事業経営の収入を一部投資に充てることで長期的には達成するつもりです。

現在の規模の4倍として、アパート4棟、太陽光8基、金融資産運用額1億円であれば個人でも十分に運用できます。

事業収入1400万円についてはまだ漠然とはしていますが、作業を外注委託すればワンマン経営でも達成できると踏んでいます。正直ここはまだまだ小さなことから実践と改善を積み重ねていく必要がありますね。

拡大についてはその先で考えるとして先ずは個人規模での年収3000万円を達成していくつもりです。

具体的行動に落とし込む

年収1600万円を生み出す資本の形成においては、会社の給料余力を全額投資に充てつつ運用規模と収入を徐々に増やしていきます。

今の生活費は前述の通り年間400万円でこれをもう5年ほどは続けるつもりで、運用資産額4億円、純資産1億円、資本運用キャッシュフローで750万円辺りまではサラリーマンを続けて行きます。

それと並行してこの5年の間にどれだけ事業規模を大きく出来るかが重要で、事業で収益を作り出すことに成功すれば無理してサラリーマンを続ける必要もなくなってきます。

5年での事業収入1400万円達成を目指すとすると

・2022年:売上100万円(手残りはこだわらない)

・2023年:売上200万円(手残りで40万円)

・2024年:売上400万円(手残りで150万円)

・2025年:売上800万円(手残りで400万円)

・2026年:売上1400万円(手残りで700万円)

大体この辺りが目標となって来ますが、事業については先ずは利益に拘らず売り上げを上げることから始めて行きます。小さくとも確実な売り上げを作って行きたいですね。

商品開発やフランチャイズ経営、せどりや食料生産や執筆、太陽光等の電気設備メンテナンスなどなど、そろそろサラリーマン卒業の時期も見えてきましたので数年スパンでの活動を始めていく時期です。

資本運用と事業経営で年収3000万円を実現するべく頑張りたいと思います。

人生いつだってここからが楽しい時期です。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。