外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 12現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 12現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
起業・事業化・法人運営

2030年までの法人設立と経営体制の検討

Pocket

先日我が太陽光発電所の定期点検に行って来ました。

特に問題無しで今日も順調に電気を売ってくれています。以下に当日の動画をアップしましたが、夏場にはあはあ(*´Д`)言いながら草刈ったりしているのを思うと冬場は草木もお休み中なので優雅で落ち着いています。

普段会社仕事しながら休日は泥まみれになって竹の根を掘ったりと泥臭いことしつつキラキラした理想を描いています。

経営主体となるオフィス設立計画

太陽光発電所に向かい車に乗りながらこれから資本家として資本運用と事業経営を主体とした人生を始めるにあたり、オフィスの体制を考えていました。

どうせなら思い入れのある場所で収支に拘らず経営したい。友達と遊びに行くときの集合場所にしたい、などなど考えていました。ということで思いついた案が・・・

・東京お茶の水or秋葉原オフィス(楽器好き都会好きJapaneseポップカルチャー外国人観光の最先端)

・京都河原町オフィス(学生時代に河合塾で受験勉強したりゲーセン行ったり友達と今でも飲みに行く場所)

都会の活き活きとした空気に浸るのも楽しい

私は帰国子女で外国人と仕事をしまくってきた履歴を持つので海外客層を相手に商売をするべきですし、且つ私が昔から好んで行く場所と言うと上記場所が浮かび上がりました。東京駅銀座日本橋辺りも十分徒歩圏内ですしね。

法人での物件購入を行い、半分を社宅で半分を事務所にするべく色々と画策しています。東京&京都の二拠点生活にサテライトとなる自然豊かな場所(日本海側どこか、熊本松山辺りどこか、埼玉神奈川辺りどこか)を活動拠点にしていきたいですね。

資本の運用を収入の柱とし、事業は先行研究開発を重視

先ずは上記2つのオフィス立ち上げを主軸にしていこうと思います。

どちらも基本遊び研究所になる気がして仕方ないですが、収益は4つの資本(不動産、太陽光自然共生業、金融資産、自己労働資本)の運用により得るつもりなのでこちら第5の収益源ともなるべき法人事業の方は収益性については暫くはあまり考えないようにしようと思います(笑)。

ただ基本は物件ローン支払いを事業キャッシュフローで行っていきたいですね。これが出来れば時間と共に不動産が純資産化されていくのでここは明確な目標値となります。6000万円くらいの物件であれば30年ローン借入利率2%で維持管理費等入れて毎月25万円、2物件で50万円。

つまり事業キャッシュフローは年間で600万円を最低目標としていきます。

どちらかと言うとやりたいこと優先、好きな事業分野のR&Dとし、研究開発費は年間300万円くらい使います。これら経費と法人維持費用を考えると年間1000万円を事業の目標キャッシュフローとしていきたいですね。

まあもちろんこれは長期の目標で先ずは今の自宅を拠点とした小さな事業から始めて行きたいと思います。まだまだリスクを取って色々と手を出していきたいですね。

損失上等マイナスが怖くてサラリーマン事業家やれるか( ゚Д゚)g

まあきっと優秀な配当株がしっかり損失をカバーしてくれます(笑)。

2030年までの資本家キャリアプラン

以前に以下の記事で資本家としてのキャリアプランを書いてみました。

これが大体現実的なプランで、そのためには2030年まではサラリーマンを続けられると良いですね。この中期プランの中で物事をバランス良く進めて行きます。

2015年から資本家を目指しているので見返すと15年計画ですが、一般的に言っても大体このくらいが妥当だと思います。

サラリーマンも色々と面倒なことも多いのですが捨てがたい魅力もあります。安心して休めるのはその最たるもので子供が小さいうちはサラリーマンをやり、大きくなって教育費や将来が大体見えて安全資産が十分に築けた辺りで経営者に切り替えれば良いかなと考えています。

あとは何とか這ってでも7年サラリーマン続ける・・・ってほど無理はしないでいようとは思いますが(笑)。基本は見通しが見えた時点で切り替えるつもりです。

コアとなるのは十分な資本運用キャッシュフローです。これを後7年で1000万円まで持っていくのが今の目標となりますのでまだまだ働いて稼ぐ&節約&勉強&投資&改善です。

この3年は子育てで手いっぱいでしたがそろそろこなれてきたので私も機動的に行きたいと思います。

ということで長い冬休みもそろそろ終わり来週から社会復帰ですが頑張って行きたいと思います!それでは皆様も良い週末を。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。