とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 100現在の記事:
  • 273410総閲覧数:
  • 420今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 100現在の記事:
  • 273410総閲覧数:
  • 420今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

自己投資のリターンは年利26%として考える

Pocket

昔から感じていることなのですが、今少し努力をするとそれがいつも10倍くらいになって近い将来のどこかで返って来るなと感じます。

まあ大体10年で10倍かな、というのが何となくの自己投資のリターンだなと感じます。

複利で年利26%。。。まあここまで来ると30年で1000倍とかになるので目安として置いておきます。

非常に大きな数字ですがまあ大きく外れてはいないなあと漠然と思いますね。

過去にお金を使って得られる喜びは年利どのくらいで落ちて行くのか考えてみたことがありました。

そして資産運用の利率は大体7.5%くらいに落ち着くと感じています。

そうするとお金を使うよりも運用する方がリターンは大きい、但しお金をあとで手に入れても得られる喜びはリターンよりも劣って来る。そして努力の対価は26%で返って来る。

お金を使って努力したリターンは26%で返って来るとすると、自己投資26%>資産投資7.5%>喜び感受性下落率7%となります。

お金の使い方としては自らの挑戦のために使うのが最もリターンが大きく、資産運用に投資をすれば労せずお金を増やすことが出来、且つ遠い将来にお金を沢山持ったところで使う喜びは大きく減じているという事実が浮かび上がります。

つまり先ずはお金は自分の挑戦に使い、余れば投資を行い、更に余れば今を喜ぶことに使いましょうと言うことですね。

もちろん挑戦のための費用にも際限は無いのでバランスと言う概念を加味しますと、自己投資を最も重視し、堅実に作り出した余剰金を運用に回しながら資産を増やし、若いうちに華美に過ぎない程度に遊びましょうと言うことになります。

あとは本当に匙加減です。

成功と挫折の歴史

若い頃に私もびくびくしながら海外留学したり出張志願したものですが、その挑戦自体が良い思い出にいつかなることを考えると人生はやっぱり挑戦や努力に重きを置くのが良いのでしょうね。

今まで多くの失敗を経験してきましたが、その度にそれを乗り越えて変わっていく自分自身を経験しました。若い頃はむしろ意図的に絶対できないよなこれと感じることをして自分をある種リスクに晒し続けてきました。

案の定やっぱりその時は出来ないのですが、その10年後くらいに当たり前のようにそれが出来る様になっています。

毎回ボロボロになるので大変なのですがね。それでも得られるものを長期的に考えるとその時の苦労は絶対に返って来ます。

人生は未知なる可能性への挑戦

今は資本家事業家を目指す私ですが、正直なにをすれば上手く行くかはまだまだ良く分かりません(笑)。

やれば先ずは失敗するのでしょうがそれをすることでターゲットまでの距離を少しずつ測れるようになります。失敗は成功へのプロセスの一部に過ぎないのです。

ということで未知なるこの資本家ライフは暗中模索ですが、いつか光が広がり飛躍することを夢見ています。夢見る人生はやはり楽しい。

私もまだまだ若いので挑戦ですね!お金も使うところにしっかり使っていきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。