外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 184現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 184現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

FIREとサイドFIREの達成指標

Pocket

働きながら毎日考えるのは、この生活をあと何年続けたら良いのかということです。

別にサラリーマン生活が楽しくないとは言いません。嫌なこともまああるにはあるのですが、それなりの達成感を感じられることもありますし日々様々な刺激の中で心を若く保っていることが出来ます。

会社からも子育てや保険料の補助、退職金の積立が少額ですが出ていますし、何より途切れることの無い給料という定期収入は失ってみて初めて分かるであろう有難いもののはずです!

それでもふと気が向いたときに京都に帰ったり、名古屋に遊びに行ったり、九州や四国に自然を満喫しに行きたいなと考えてしまうこともあります。

全てを自由にしたいとは思いませんが、それでも常に選択権を自分が握っている状態にはしておきたい。

ということで今回真剣にFIRE(Finantial Independency Retire Early)とサイドFIREの達成指標を考えてみました。

先ずは必要生活費は幾らなのかを把握する

やはり何より優先するべきは現状把握です。

いま何に幾ら使っているか。それを把握することで目標との乖離を明確にすることが出来ます。

私の場合は必要生活費は以下の様になります。節約を突き詰めればもう少し下げられるのですが、多少余裕を見た現実的な値を採用しました。

月額[円]備考
住宅費・家賃92,000自宅マンションローンの支払いと管理費、
固定資産税等。
光熱費16,000
食費50,000
養育費・学費12,000まだ乳児のためあまり掛からない。
会社と市の補助金が毎月26000円支給。
通信費8,000
衣服・生活雑貨10,000
自動車関連費100,000国産車に乗り換え予定。
その場合は60000円。
保険2,000最低限の掛け捨て。
不動産の団信もあるためこれで十分。
総額290,000

総額で月額29万円になりますね。上述の通り車を国産車に乗り換えることで25万円まで下げることが出来ます。

本当にHonda Freedで良いなと考えています。
Honda公式HPより画像引用

生活費以外の費用についても検討します。所得税、住民税、社会保険料等が年収400万円で月々8万円ほど掛かると想定します。また貯金やレジャーのためにも多少はお金を残したいので月々3万円を確保するとします。

そうすると月々40万円。これが生活のために実際に必要となる月々の収入となります。

会社と市から支給される養育費が毎年30万円ほどあるのですが、これも有事に備えて貯金をしておきたいと思います。

FIREとサイドFIREの達成指標

それでは本題の達成指標になります。

私は上記の値を適用し、

サイドFIREの達成指標: 副業収入(サラリーマン以外の収入の総和) >必要生活費

FIREの達成指標: 副業収入(サラリーマン以外の収入の総和) >実際に必要となる月々の収入

つまり本日時点で言えば月々29万円以上の副業収入があればサイドFIRE達成、月々40万円以上の収入があればFIRE達成です。

現在の副業収入が月々24万円ですのでもう少しでサイドFIREは達成できそうです。

また必要生活費を落とすことが出来れば当然達成のためのハードルも下がります。私も車を国産車に乗り換え繰り上げ返済により太陽光や収益不動産の月々ローン返済額を下げることでサイドFIREはすぐにでも達成できます。

いっそのこと年内にサイドFIRE達成可能な水準まで持っていこうと考えています!

FIREは遠くてもサイドFIREで良いんです

人間は暇を持て余すと辛いと感じる生き物なのでいつかは自然と働きたいという意思を持ち始めます。

そうすると先ずはサイドFIREの状態まで持っていければ十分なのです。後は余裕を持って今の仕事を続けつつ次のより高収益なビジネスを模索しましょう。

余裕を持った中で十分にビジネス構築に時間を掛けるとかなり高い収益率を上げることが出来ます。それこそサラリーマンの3倍の時給を達成することも十分に可能です。

不動産や太陽光の自己管理化もかなり収益率は高いです。

そのために今はしっかりと給料を獲得し、余裕を持ってFIREを達成していきたいですね。

またこれはMUSTでは無いと思いますが、ある一定の金融資産を持っておくと何かあったときにやはり安心です。不動産も太陽光もそれなりにリスクはあるので、私はこの金額を2000万円と設定しています。あと600万円ほど貯金を増やせば達成です。

決して無理なく、長期的な視点から、計画的に目標を達成していきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。