外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57348総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57348総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

お金を使った喜びを享受するために必要なお金

Pocket

お金を使って得られる喜びってありますよね。

ブランド品を買ったり、高級なホテルに泊まったりディナーしたり。

家族友達と旅行に行くなんかもそうです。

豪華レストランでディナーもたまには楽しいものです。

良い車を買ったり、豪華なマンションに住んだり。際限が無いのもこのお金を使って得られる喜びの特徴でもあります。

それ故に使いこなすのが難しい喜びでもあります。

そうするとどれくらいのお金を使うのが最も費用対効果が高いのかを真剣に考えることは人生を豊かにする上でとても大切になってきます。

若い頃散々散財したおかげか、何にお金を使うと満足感が得られるのかが大体分かっています。

例えば車については好きな高級車に乗ると年間120万円くらい掛かってきますが、これは現在子供が小さいのでスライドドア付きミニバンを使っている方が快適で楽しいです。それゆえ月間4万円程度あれば十分であり贅沢と言えるような使い方ではありません。

家についても正直今の家で満足していますので特にそこまでを求めておらず、手狭であれば同価格帯の中古住宅を小田原辺りに買えば良いと考えています。

それでもやはり以下の浪費は我慢したくないなと感じています。

・月に1回5~7万円程度の小旅行、外食+ホテル宿泊、帰省。若しくは年に2回の海外旅行。

・3か月に1回くらい10万円程度の買い物(家具やカバン、ガジェットや家電製品等)

・2週間に1回1万円程度の簡単なレジャー(釣りなど)

高級ホテルでディナービュッフェなんかも楽しくて良いですね。子供にドレス着せて家族の良い思い出になりそうです。

ざっと年間136万円くらい浪費に充てられれば人生豊かに満足できるものになりそうだなと感じます。

私は基本的な生活費は資本からの収入で賄うことを考えていますので、このレジャー費用や将来の資産形成、ちょっと上級な暮らしのために追加で働くことを考えています。

大体年間300~400万円くらい働いて稼ぎ、後は資本からの収入で賄って人生の喜びと適度に緊張感と充実感のある労働を楽しもうと考えています。理想的な人生ですね。

お金を上手く賢く使い日々の生活費を節約するのも大切ですが、お金を貯め過ぎても仕方がありませんしお金を使う喜びは歳を取るほどに残念ながら衰えていきます。

人生の中でお金を上手く幸せを実現するためのツールとして使いこなして行きたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。