外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,322万円、純資産5,792万円($400,815)【金融資産2,457万円(日本円 398、株式/ETF/投信 1,326、暗号通貨 99、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 497)+ 実物資産3,338万円(不動産 1,164、太陽光 1,773、金/プラチナ/銀 190、耐久財等 209)】、自己資本比率37.8%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
ベランダガーデニング・アクアポニックス・農業養殖業

アクアポニックス水槽を立ち上げて一か月が経過しました

Pocket

毎朝楽しみにしているのが、部屋に設置したアクアポニックス水槽の状態を観察することです。

設置から早や一か月が経過し、生物の活動も徐々に活発になり植物も大きく成長してきました。

アクアポニックス水槽が少しずつ生態系を確立してきた

水槽内のメダカやエビも活発になり始めました。恐らく水が馴染んできたんだと思います。

水槽の表面にはコケが生えてきていますが、水質は至って綺麗で透明です。

植物の生育も順調で、新たに植物を植えました。

左から畑わさび、ほうれん草、行者ニンニク、ニラ、小松菜となります。

水槽に沈殿していた排泄物等もポンプに組み上げられ植物の栄養となり、徐々に綺麗になって行っているのがよく分かります。

これから水槽内のマツモが生い茂り、生体にとってより居心地の良い環境となってくれるはずです。

将来的には庭にアクアポニックス施設を置いて自家用食料の生産をしたい

このシステムを大規模化すれば庭でマスやエビ等を育てることも出来そうだなと感じています。

植物の育成も比較的簡単に出来ますので、そうするとたんぱく源とビタミン源を自家調達出来てしまいます。

余剰分を近所におすそ分けしたり販売したりすることも出来てしまいそうです。

どこかに湧き水の出る古屋とか安く売ってないかなあと思う今日この頃。

それではまたアクアポニックスの状況を定期的に記事にしていきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。