とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 59現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 59現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

経済的自由を得るためのたった一つの方法

Pocket

今日も子供と一緒に近所の大きい公園に散歩に行きました。

使ったお金は出店のフライドポテト700円と缶ジュース120円。たったこれだけです。

これで一日のレジャーを存分に楽しめました。

お金は掛かりませんが、やはりお金は必要。では経済的自由とはどうしたら達成できるのでしょうか?

経済的自由を得るためのたった一つの方法は、自らが手を動かさないでお金を得る仕組みを作ること

そうなのです。経済的自由を得るために必要なのは、このお金を生み出す仕組みを作ることです。

収益不動産を保有するのが最も有力ですが、それ以外にも小さな会社を買い取ってビジネスオーナーになったり、店舗を立ち上げ店長に任せるのも一つかと思います。

ビジネスを生み出し、直接手を下さず誰かに任せることです。

配当株式の保有なんかも一つですね。ただ株はどちらかというと資産形成のためであって経済的自由となると少し軸がずれてくる気もします。

金融資産を幾ら持っていても自由にはなれません。資産形成と経済的自由は似て非なるものとであることは理解しておくべきだと思います。まあ金額が桁違いであれば話は別ですけどね。

例の野村総研の図も金融資産額だけが独り歩きしてしまって誤解を招きかねない気がしますが、資産額が幾ら以上だから富裕層なのではなく、富裕層と呼べるレベルに資産を築けるインカムなり能力なりがあるから富裕層なわけで。 きっと野村総研内でも議論したんだろうなと思います。

ただあのおかげでスコア感覚、ゲーム感覚で富裕層を目指す層が増えたのはとても良いことです。豊かであればあるほど心には余裕が出ます。

少し話がそれましたが、収入を自動的に生み出す仕組みを持つこと。これが経済的自由を得るたった一つの方法なのです。

私は不動産と太陽光を主軸に、株等の金融商品は海外資産への分散と収入を補足するものと位置付けています。

「キャッシュフロー」で考えることが大切です。

資産とはお財布にお金を運んでくれるもの、負債とはお金を奪っていくもの。金持ち父さん貧乏父さんにも書かれているこの基本の型を忘れないことが大切です。

そういう意味ではお金の流れを手に入れる能力そのものが経済的自由の根幹にあるとも言えますね。

私はこれからもビジネスを買い続けます。

ということでこのことが分かっている私は今はひたすら給料を収益不動産等の収入を生みだす仕組み作りに投入していきます。

ビジネスを立ち上げたり、会社を買い取ってオーナーになったりというのも将来的には進めていくつもりです。

直接手を動かさないでお金を得られる収入源を持つこと。

これが経済的自由への唯一の方法です。

それはそれとして、事業の経営で社会活動に参加していくこともそれはそれで大切にしていきたいと思っています。

日本の豊かな社会インフラがただと使えるものとは思っていません。使うための税金等を払うのは当然として、お金だけではなく事業を経営することで社会インフラ運営の一部を担い責務を全うすることも大切だと考えています。

コンビニのトイレを公共のトイレにとか、ああいった活動は本当に称賛に値すると思います。

経済的自由はあくまで活動の自由のための土台や保険の様な物ですね。人生の本質はその先にあるはずです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。