外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,322万円、純資産5,792万円($400,815)【金融資産2,457万円(日本円 398、株式/ETF/投信 1,326、暗号通貨 99、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 497)+ 実物資産3,338万円(不動産 1,164、太陽光 1,773、金/プラチナ/銀 190、耐久財等 209)】、自己資本比率37.8%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 82011総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

健康のためなら300万円を支払っても惜しくは無い。

Pocket

この育児休暇期間は健康に気を遣う余裕が出来ました。やはり取って本当に良かったと思います。

恐らくここで体調を見直したことで10年は健康寿命が延びたのではないかと思います!それに対して取り逃した給料は4か月分300万円ほどですが、将来的に生み出せる価値は300万円どころではないと思います。

健康になって初めて感じる健康の価値。健康って素晴らしい。

中年サラリーマンにとって健康であることは付加価値

いざ健康を取り戻すと健康でいられる価値と言うのが理解できるようになります。

・見た目が明らかに前より若く見える。

・歩くスピードが明らかに上がり、長距離も坂道も快適に歩ける。

・頭もすっきり冴えている。

・何をしていてもしんどく感じない。

この状態になることが如何に素晴らしいかを、もし現在不健康な状態である方が読者様にいらっしゃるのであれば知って欲しいなと思います。

健康である、というのは我々中年には当たり前のことではなく、ほとんどのサラリーマンは不健康な状態だと推測します。

健康診断でも一部の項目が微妙な判定になるのが周りを見ていても当たり前と思っていました。ですが不健康であることがこの年齢のサラリーマンであれば一般的というだけで、健康はいつでも手に入れることが出来るのです。

つまり健康な状態というのは一般的観点からは付加価値となり、健康作りとは人生を元の軌道に戻すものでは無く一般的な状態よりも良いものとする活動となります。

私が取り入れた健康法

ということで健康を取り戻す、というよりも健康と言うプラスアルファな付加価値を自分自身の人生に取り入れるにあたり意識したことは以下になります。

・軽い運動 ⇒1日1万歩の散歩

・食事量の制限 ⇒1日1食

・十分な睡眠 ⇒1日8時間

こういう長期戦はなるべくシンプルに考えます。

具体的な数字については人により異なると思います。あくまで私の場合に効果があっただけなのでその点はご注意ください。正直食事量については少なすぎる気もしましたが、先ずは体重を落としたかったのでそこに注力しました。

食事量を制限することで内臓器官への負担が明らかに減っているのが実感できました。体の浄化作用が適切に機能しているのも良く分かりました。

健康になると白髪が減ります。これも今回発見でした。

一日に2,3度食事をとり、間食も取り、お酒を飲み、運動もせず仕事で睡眠不足。サラリーマンとして働いていると概ねこういう生活になります。

これを変えるためにはある程度他の活動を抑える必要があります。会社でストレスを抱えながら乳児の子育てをしつつ健康を維持するのは私には出来ませんでした。

子供への時間は捨てられない以上、ここは健康を取るか、仕事で稼ぐことを取るかの選択で私は健康を取りました。

結果的には健康寿命を延ばす未来の期待を手に入れ、その分は給料が無くなることで金融資産構築への多少の一時的影響が出ました。

健康でさえいればまあ人生何とでもなります(笑)

不健康でいると不健康であることに気づかない

つい半年前までは間違いなく不健康だったなと振り返り思います。

特に何も無いはずが気分が悪くなったり、体が自分のものとは思えないほど重たくて感じたり。食後に苦しさを感じていたのも恐らく消化器官への負担が大きすぎたからだと思います。

何かしんどいな。とりあえずお酒を飲んで紛らわせるか。

こういった状態は明らかに不健康ですが、これが当たり前、歳のせいと思い込んでいたと思います。

今は体も軽く、変な気分の悪さを感じず、体も軽く非常に快適です。間違いなく健康に近づいています。

と同時に不健康でいる時は不健康でいることに気づかないものだなと思いました。

健康であることの価値を改めて考えましょう

健康と言うのはもう少し分かりやすく言うと、

「年齢が10歳若返る」

こう言い換えると掴みやすいと思いました。10年前と同じくらい快適になるとお考え下さい。

実際は若返らず年齢も変わらないのですが、本当に感覚的にはそんな感じです。

10年若返られるなら健康を取り戻す価値はあるなと思えるのであれば、不健康な生活からは抜け出し健康を取り戻すことをお勧めします。

もちろん既に健康であればそれは何よりですね。サラリーマンで子育てをしながら仕事が出来るというのは本当に素晴らしい状態だと思います。

このタイミングで健康の価値について改めて考える時間を持てて本当に良かったなと感じています。

皆様も是非健康の価値について考えてみてくださいな。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。