とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 38現在の記事:
  • 312849総閲覧数:
  • 220今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 38現在の記事:
  • 312849総閲覧数:
  • 220今日の閲覧数:
不動産事業

秋葉原の単身向け物件と店舗・事務所の不動産調査。

Pocket

私は人生の一時期を東京都心で過ごす計画でいます。

これは20代の頃から考えていたことでしたが、最近ようやく生活も事業も落ち着きを見せ始めそろそろ準備を始めようと考えています。

ということで昨日店舗物件の調査を兼ねて秋葉原に行って来ました。

ついでにシュタゲの聖地巡礼

コロナ禍の影響かやはり空き物件が目立っていて、一旦東京都心の不動産価格も落ち着くかなと感じます。

単身向け物件の空き状況

これはかなり空きが目立ちますね。秋葉原UDX近く一等地の物件ですらかなりの空室があります。

コロナ前と比較は出来ないのですが、それにしてもこんなに空いているものなのか。。。

至る所で目立つ空室

相場は25平米1Rで大体11~12万円前後ですね。

最近は東京都心物件のファミリー物件が暴騰していて東京からの転出が増えているそうです。

3LDK物件が8000万円とか、一体誰が買えるの?という金額です。

こうなると実需ではなく海外からの投資マネーがかなり入り込んでいることが想像できます。

そういう意味では東京は投資対象としては依然として魅力的です。私も投資用として広めの1LDK物件は常々探していたりします。

相対的に見ると今は家族で住むなら築古物件の賃貸の方が良いですね。流石に新築分譲物件はサラリーマンが住居に使える金額では無いです。

2LDKで9000万円・・・上場企業の役員レベルでも厳しい金額。

やはり目立つ空き店舗

表通りには見られませんが、奥に入ると空き店舗はすぐに見つかります。

どこか借りてしまおうかなとも考えました。事業の拠点、友達が集まる場所としても使えそうな場所を。

この5年で具体化を進めていきます。

千代田区・文京区の魅力

やはり歩いていて洗練された空間と治安の良さを感じます。

何より歴史ある街並みと近代的な建築が同居しており、何とも魅力的ですね。

洗練された街並みと同居する昭和のレトロ感
近代的ですがどこかやっぱりレトロな街並み
老舗のあんこう鍋屋さんがあったり。これは今度実食レポートですね。

仮にここに15年家族で住むとすると、築浅なら住宅費月30万円×12か月×15年=5400万円、築古なら20×12×15で3600万円です。

普通に考えると物件購入したい金額ですが、30年後の家族世帯数の減少は避けようが無いのでやはり買うなら広めの単身向け、家族で住むなら賃貸かなと感じます。

それでも東京都心は本当に魅力的です。

・投資用1LDK~2LDK物件(所有)⇒娘が一人暮らししたくなれば使わせる。

・事務所(賃貸)⇒事業活動・ライフワーク拠点。低コスト重視。

・自己居住(賃貸)⇒都心の生活を人生で体験する。築年数よりも立地を重視。

こういった布陣で東京での不動産戦略を進めたいですね。

これから5年は資産形成に励み先ずは純資産1億円をクリアし、そこから東京での生活と事業活動に十分な資金を手元に東京生活を満喫する人生を始めようかと考えています。

これが私の人生のα世界線。

ということで今後も東京都心は調査を続けます。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。