外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95150総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95150総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

大卒・上場企業ルートで最も幸せな資産形成との付き合い方

Pocket

お金を持つのは嬉しいことですし何よりの安心材料ではあるのですが、普段日常生活においてお金を使うことはあまり無くこれって本当に急いで資産形成する必要あるのかなと疑問がぬぐい切れません。

その今の気持ちから過去を振り返りお金の使い方を改めて考えたいと思います。

私は自分の経験しか話せませんので、自分が歩んだ道から振り返ってどういうお金の使い方をすれば幸せだったかなと考えてみたいと思います。

翻ってそれは今のまだ若い人生を上手く使うヒントを与えてくれるはずです。

高学歴・上場企業勤務の若者が最も幸せに資産形成と付き合う方法

あくまで私の経験ベースであり個人的見解です。学生時代から企業、とかは無しにします。

ということで私が大学院卒業後に一部上場企業に勤めたサラリーマンの道を歩んできたルートを土台にします。普通に真面目に努力して達成した順当な人生だったと思います。

お金は平均年収よりは多かったもののそこまで余裕は無く、従って普通に浪費をすれば貯金は出来ないような状況です。

もう一度新社会人の頃からやり直せるとして資産形成に全力を注ぐか?

やはり答えは否です。

若いうちの瑞々しい感覚というのはそれ自体が減価資産の様な物で、年々確実に衰えていきます。

20代の多感な時期に高級車に乗って味わった感覚を忘れることはありませんし、もし東京都心で単身暮らしをすれば都会の遊びを存分に楽しめたと思います。その選択をしなかったことを今は後悔しています。

資産形成は収入も上がり仕事に対して落ち着き始める30代からで良いと思います。それで十分間に合います。

20代は経験のためにお金も時間も精一杯使い、30代は仕事をしながら資産形成に必死になり、40代から豊かに優雅に暮らしながら仕事を続け、50代でのセミリタイアを目指す。

これが最も効率良く人生を楽しむ資産形成との付き合い方だと考えています。

これからの後悔は無くしていきたい

今日がこれからの人生で一番若い日であることは間違いありません。

10年後にあの頃もっとああしていれば、って思うくらいなら今から無茶をしてでもやりたいことをやった方が良い。

ということで資産形成においてもリスクを取ってまだまだ挑戦していきたいですね。目指せ純資産1億円!

と同時に本当に価値を感じることにはしっかりお金を使いたいと思います。

もちろん価値観は人それぞれですので、あくまで私が思う一つの参考事例として受け取っていただけますと幸いです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。