外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95150総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 95150総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
不動産事業

三光ソフラン不動産投資セミナー感想

Pocket

本日は日本橋まで赴いて三光ソフランの高橋社長の不動産投資セミナーに参加してきました。

実は5年ほど前にもセミナーに参加したのですが、当時と話していることは全く変わりませんでした。

つまり普遍的で今も通じる手法ということです。

不動産投資は怪しいという話を良く聞きますが、正直私が話を聞いていた中で変なことを言っている業者っていないんですよね。

半信半疑で始めた不動産投資ですが、5年の運用を経てほぼ業者の言う通りの成果が出ています。

家賃も年間1%も下がりません。ていうか都心部はほとんど変わらず、むしろじわじわ上がりそうな気配ですらあります。土地値も上昇しており、ローン返済との差額で含み益が毎年100万円ほど増えていっています。

内容詳細についてあまり書きすぎると高橋社長に怒られそうなので、ポイントと感想だけ書きます。

・自己資金2000万円でアパートを一都三県に購入。

・2棟目をキャッシュフロー×1棟と給料貯蓄を頑張り自己資金2000万円で購入。

・3棟目をキャッシュフロー×2棟と給料貯蓄を頑張り自己資金2000万円で購入⇒上がり

つまり最初の自己資金2000万円にたどり着けるかが勝負となります。ここまでたどり着けば後は徐々に楽になり3棟購入を境に勝手に資産が増えていきます。

話し方も非常にユーモア交じりで余裕があり、なるほど一時代を築き上げた社長は違うなと感じました。この辺りはしっかり技術を見て学び取ります。

言葉の端々から大切な教訓がにじみ出ていて、やはり実際に人に会って話を聞きに行く重要性を感じました。そして社長が直々にセミナーをする会社は大抵良い会社です。

何よりこれが無料で聴けるというのはもはや意味不明です。きっと社会貢献活動だと思ってやっているんでしょうね。この私が不覚にも話に聞き入ってしまい、ハッと気づいたらセミナーの時間が終了していました。

首都圏での不動産投資は実需を根拠にした健全な事業ですので、そこまで身構えなくても大丈夫です。たまに変な業者がいる(らしい)ので情報の精査はご自身でしっかりしてくださいね。

全然関係ないですがいつの間にか高島屋日本橋店が東京駅界隈で活動する際の駐車場代わりになっています。高島屋ゴールドカード会員なので駐車5時間無料です。何かいつもすいません。

株主でもあるので許してください。ちゃんと買い物もしますので(笑)

話がそれましたが、不動産投資をするなら自己資金は2000万円あると安心です、ということで今回は締めくくりたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。