外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 6現在の記事:
  • 71331総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 6現在の記事:
  • 71331総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

Hondaから得られる教訓を積み重ねる

Pocket

私はもともとHondaの従業員です。

Hondaでは多くを学びました。

社是
わたしたちは、地球的視野に立ち、世界中の顧客の満足のために、
質の高い商品を適正な価格で供給することに全力を尽くす。

Honda公式HPより引用
https://www.honda.co.jp/guide/philosophy/

ここに経営者として成功するためのほとんどのマインドが詰まっていると思います。

ちなみに昔はこれが「適正な価格」ではなく「廉価な価格」でした。

もう一つ言うと私はやはり原点である「廉価な価格」が正しいと思っています。この辺りにAcuraブランドの低迷や迷いがある気がしています。宇宙旅行もスポーツラグジュアリーカーも是非「廉価」に実現して欲しいものです。

人間尊重と三つの喜び。買う喜び、売る喜び、作る喜び。身だしなみを清潔に保つことの重要性。

Hondaを退職したのは事業家としての道を選ぶためですが、今でも学んだことは大切に日々の行動に活かしています。

私はサラリーマンとしては全く向いていませんが、それでも日々迷いにぶつかるにつけサラリーマンを通して学んだHondaの経営理念はいちいち役に立ってくれます。

とにかく汗臭くぶつかりオープンであることを求められる会社でした。なんとまあナイーブな私には向かない社風でしたけどね(笑)

世界初、業界初と文字で書くだけでプレゼン資料が成り立ちます。アニメーションや装飾など何の意味もなく、とにかく言いたいことをドカンと書けばオッケーです。

一言で言うとなんなの?何がしたいの?

そういうのも日常茶飯事。こうしたいです、と言えないと何もできませんし認められません。それはどこの業界に行っても仕事の外でも同じだと思っています。

Hondaの成功と言うのは退職した私としては複雑な心境であります。別れた元カノが有名人になる様な間隔でしょうか?(しらんけど)

それでも常に人生の一部として頭の奥底にしまい、何かにつけて様子を見ています。

見事に私の好きなものが揃っています。Honda公式HPより画像引用。
https://www.honda.co.jp/?from=navi_header

いつかHonda Jet買えるくらいの資本家になって還元しますので、もう少し会社として頑張って私の役に立ってください。

会社は利用するもの。これもHondaで学んだことです。

その方がきっと創業者も喜ぶと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。