外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 70855総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 70855総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
未来への備え

散財してしまいそうな時に有効な方法

Pocket

生きているとつい散財をしたくなる瞬間ってあります。

しかし散財しても何も得られませんし資産は目減りするばかり。

これでは資産家人生は遠のくばかりです。

一度資産を築きさえしてしまえば散財しても資産が減りません。資産家になるまではぐっと堪えて乗り切る必要があります。

ということで本日は辛い時の散財を防ぐための方法を私自身の経験から書いていきたいと思います。

散財を防ぐ短期的対処法と長期的施策

ああ辛い。なんだか不安。何かしないと人生を無駄にしている気がする。

そんな時って誰でもありますよね。私も若い頃はよくありましたし、仕事をしているとストレスで落ち着かなくなることががよくありました。

そんな時は得てして散財に走ってしまうものです。

そういう時にそれを紛らわせる方法が幾つかあります。

短期的対処法

・寝る。

・子供と遊ぶ。

・動物をかわいがる。

・安い外食に行く。

・図書館に行く。

・散歩する。

・ゲームする。

長期的施策

・植物を育てる。土をいじる。

・落ち着ける家庭を持つ。

・動物を育てる。

短期的対処法ですが、先ずは寝ること。辛い時は寝るとすっきりして嫌なことも忘れます。

嫌なことややりたくないことを目の前にすると自然と眠たくなると思いますが、そんな時は無理せず遠慮なく寝ましょう(笑)

お酒を飲むと寝られますが、お酒は依存性が強いのでお酒に強い体質であればあるほど避けるべきと思います(私は幸いすぐ酔って眠るので逆に相性良い。)

子供と遊んだり、動物を可愛がるのも癒されます。

中々そんな機会が無いのであれば、価格の安い一人で入りやすい外食に行ったり、図書館で静かな中でみんなと過ごすとかなり辛い気分が紛らわせます。

散歩するのも有効です。町の景色や共有財産を現代アートと捉えられる鋭敏なセンスを磨けば道行く全てが美しく、楽しまされ、心地良く感じるようになります(そして不動産投資に繋がります)。

ゲームするのも大変有効です。夢中になると嫌なこと忘れますし、お金もあまり掛かりません。ゲームの没頭は大きな癒し効果があることを昔一緒にアメリカ中をテレビの映像テストで回ったごつい兄ちゃんが言っていました。得られることも実は沢山あります。

そして長期的改善法ですが、私自身の体験として散財が減ったのはやはり家庭を持ってからです。

子供がいないうちは得てして夫婦は仲良しですので、二人で近所を散歩するだけで満たされます。それだけで人生十分と感じられます。

子供がいれば子供が始終甘えてきますので悩んでいる暇も無いです。子供がいるだけで私はもう十分満たされますし後は学費と好物のうな肝を食べさせてあげるお金を稼ぐのみ(笑)

子供が出来てからは人生を虚しいとは感じなくなりました。毎日起きたら子供の笑顔が見られるだけで幸せです。

動物を育てることも良いですよね。昔実家でゴールデンレトリーバーを飼っていましたが、人生毎日が本当に楽しく豊かになります。ただこれはお金は掛かってしまうので本題を考えると方法としては相性が少々悪いかもしれません。

私が最もお勧めするのは植物を育てる、土をいじることです。

日当たりの悪いベランダでも植物は育ちます。シイタケなんかも育てられます。

植物が育つ様子を日々見ていると、毎日が少しだけ贅沢に感じられると思います。春には花が咲き、夏には青々とした葉が元気に育ち、秋には色づいて作物の収穫を迎えます。

私は特に自然薯がお勧めです。多少でも日当たりがあればぐんぐん育ってむかごが採れて冬には絶品のとろろご飯が食べられますよ。

あとはさくらんぼの品種である暖地桜桃も丈夫で春には満開の花を咲かせます。プランターだと水が切れるせいか実がなるのは難しいようですが、花が本当に綺麗です。

ベランダでもしっかり育ちますし病気害虫にも非常に強いです。毎年春の満開を楽しみにしています。

土をいじると癒されます。土の匂いと手触りが我々農耕民族の遺伝子に刻み込まれているのでしょう。

この方法が合う方は投資にも向いているはずです。植物を育てることと投資で資産形成をすることはとても似ているからです。

まあでもたまには散財してくださいな

ということで資産形成を妨害する散財を防ぐ方法についてまとめてみました。

まだまだあると思いますし、人によって対処方法は様々です。

ですが一つだけ確かなのは、散財によって幸せは手に入らないということです。

私も若かりし日に散々高級車に散財し、最初の一台は確かに経験としても貴重で有意義な使い方でしたがその後にコロコロ乗り換えたのはそこまで有効なお金の使い方では無かったなと振り返り思います。

人生お金じゃないのは確かですが、純資産が一億円を超えるまではお金が常に人生の最優先事項として付きまといます。

それが現実なのです。

一億円を超えるまではお金に追われる人生です。残念ながら自由はありません。私自身それを痛感しています。

この一億円の壁を超えるまでは資産形成を一緒に頑張りましょう!

ただ別にたまには散財しても良いと思います。たまにであれば大した出費ではありませんしね。別にパチンコ競馬宝くじが悪いとは思いませんし、エンターテインメントしてはかなり優秀ですので。

それでは皆様の参考になりましたら幸いです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。